「ミスiD2020」のセミファイナリストが8月1日に発表された。

2012年にスタートしたミスiDのiDは、「アイドル」と「アイデンティティ」、そして「i(私)」と「Diversity(多様性)」。ルックス重視のミスコンとは異なり、ルックスやジャンルに捉われず、新しい時代をサバイブしていく多様な女の子のロールモデルを発掘するオーディションであり、生きづらい女の子たちの新しい居場所になることを目標とするプロジェクト。

第1回「ミスiD2013」では、モデル・女優として活躍中の玉城ティナを発掘、「2014」では原石・蒼波純、「2015」では現在LADYBABYで活動中の金子理江と天才クリエイター水野しずをWグランプリで輩出。

ほか、神スイング・稲村亜美、ラップユニットchelmicoのレイチェル、モテクリエイターとして大ブレイク中の“ゆうこす”こと菅本裕子、広瀬すずが「世界一かわいい」と絶賛のモデル・多屋来夢、「けものフレンズ」サーバルの声優・尾崎由香、少年院出身という異色の経歴からNPOを立ち上げ、アイドル“zoc”で活躍する戦慄かなのなど、個性的なロールモデルを毎年輩出している。

8年目となる「ミスiD2020」のキャッチコピーは「世界はひとつじゃない。ルールも常識も女の子も」「人の人生を笑うな。」。

プロアマ不問のため、セミファイナリストは女子中高校生、女子大学生からOL、ニート、アキシブprojectなどの現役アイドルや元SAKA-SAMAなどの元アイドル、モデル、女優、シンガーソングライター、写真家、ミス東大、公認会計士、アパレル店員、劇作家、編集者、同志社ミスキャンパス、ロリータ、ダンサー、美術家、Ameba社員、イラストレーター、刺繍作家、TikToker、中国琵琶奏者、AV女優&監督、元おニャン子クラブ・内海和子の娘など多士済々。

香港、フィリピン、スリランカ、ドイツ、コンゴなど世界中から集まった他、心が女の子である男の子など過去最多の158人により熱いセミファイナルが繰り広げられ、11月末〜12月上旬に都内で行われる受賞者発表イベントで「ミスiD2020」が明らかになる。

■ 「ミスiD2020」セミファイナリスト

愛里、碧海(アオイ)、aopi、青矢修、赤吉みぞれ、茜羽、朝木ちひろ、あさみん、アシュリー、我妻萌

amane、天宮来来来、アム・ウェイ、嵐莉菜、胃下舌ミィ、いかるき、ikill、石黒さくら、石橋なな、市坂あいり

イトウ、inui、戌丸凛々子、今芽園トキ、上野りみ、漆間あやみ、うんこざわ。、えに、カオス、柿森まなみ

加島ミキ、家庭科、奏音、包守ひらり、かぶらぎキリコ(※かぶらぎは正しくは木へんに無と木)、かみてゃん。、カロナール、菅野芹那、菊地姫奈、きらら

きんちゃん、日下七海、九波あろ、呉乃、紅林くれあ、慶、後藤かな、小西麗、この世界は終了しました。、小林瑞希

駒場シェリー、さくら、砂月蛍、小夜子、椎名ナナ、信濃ぽよ、ジャイ子。、信仰対象(この人でなし!)、杉山万由子、すずてゃん

すずめ、涼森れむ、世界ひろし、せんす、想都ぱら、染井冴香、たかきわこ、タカダレナ、竹内琴子、タバサ

田村佐和、ちぃ、知恵の輪かごめ、ちち、ちゃんめい、月日、常住奈緒、Tissu'/ティシュ、Δ ゆら、東条ジョナ

となりのぎょーざ、中杉天音、ナギサワカリン、なたーしゃ、ナツキ、棗夏子、那々美、浪木リオ、なるさわ、脳震盪ウサギエリカコチャン

はいぱーまほちゃん、灰村茉緒、橋本愛夢、花田真里奈、はなみ、ハムスターの息子に生まれて良かった、ぱやちの、春乃、翡翠ベル、ひのめ亜美

180ml、平吉要、廣田光咲、、藤井愛稀、藤宮コマチ、藤村那奈、へち、別所佳恋、星絵里香

穂紫朋子、ほしの、ほの香、ポメラニアンおじさん、mao、負け犬、magicalponika、ましちゃん、松本いづみ、まな

真理愛、蜜柑、水琴夕菜、岬イル、みやがみ、宮川奈々、宮本夏花、みんみん、村西里世、村山華澄

雌ウ、モ。、もえにゃん、momo、ももこ、森田無職、八重花、八木みなみ、ユウ、安永桃瀬

yuika、優華、ゆっき、夕月未終、ゆべし、夢庵ゆめ、百合、ゆりあんぬ、洋梨、吉田ここな

ヨネコ、らむねてゃん、riho、凜、るか、蘆花、渡邊りつ、んねさか亜里沙(ザテレビジョン)