DA PUMPが、8月9日(金)放送の「ミュージックステーション」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)に登場。映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」の主題歌「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」を披露する。

曲中の“バイーンダンス”も話題の同楽曲を、「仮面ライダー」との豪華共演で披露するDA PUMP。仮面ライダージオウたちが「Mステ」のスタジオに集結し、パフォーマンスを繰り広げる。

今回の楽曲についてメンバーのYORIは、「聞いてる人が元気になれるような曲。歌詞にもありますが、『人生は一回しかないんだから、楽しんだもん勝ち!』なテンションで聞いてもらえると良いと思います」とアピール。

TOMOも「タイトル通りPARTYな楽しい曲です。“バイーンダンス”“レインボージャンプ”“ゾンビウォーク”と楽しく盛りだくさんの振り付けで、映画のぶっとんだ世界にマッチしています」とコメント。

また、映画にも出演したISSAは、「小さな頃から仮面ライダーになりたかったので、今回は今までの中でも特にうれしかったです。やっと改造人間になれました」と明かす。

続いてKENZOは、「ISSAさんの仮面ライダー愛がそのまま出ているかのような、誰も勝てないんじゃないかと思うくらい格好良すぎました。現場の空気が一気に変わりました」と大絶賛。

KIMIは「リーダーが大好きな仮面ライダーの変身は今まで見た事ない少年の顔をしてキラキラしていました」と語り、DAICHIも「踊ってるかのような変身でした」と興奮気味に語った。

さらに、仮面ライダーたちも“バイーンダンス”を披露することについてU-YEAHは「とにかく楽しみです。仮面ライダーファンの皆さま、そして子供たちの期待に応えられるようDA PUMPらしく盛大に盛り上げたいと思います」と意気込み、ISSAも「こんなうれしいパフォーマンスも初なので思う存分楽しみます」と当日のパフォーマンスを心待ちにしている様子で語った。(ザテレビジョン)