関ジャニ∞の村上信五が、フジテレビ系の「東京2020オリンピック」メーンキャスターを務めることが発表された。村上がオリンピックのキャスターを務めるのはこれが初となる。

メーンキャスター就任に伴い、8月25日(日)から開催される「2019世界柔道選手権 東京大会」の中継に、村上がスペシャルゲストとして登場することも決定。東京オリンピックと同じ舞台となる日本武道館で行われる柔道世界一決定戦を伝える。

そして、2020年夏の「東京2020オリンピック」では、これまでの取材経験を生かし、オリンピック放送の顔としてトップアスリートたちの筋書きのない無限のドラマを熱く伝えていく。

■ 村上「いつもとは違うプレッシャー」

今回の抜てきに、村上は「初めてオリンピックキャスターを務めるのが東京大会というのは、うれしさ半分、やはりちょっとドキドキ半分というのもあります。オリンピックに携われる機会はなかなかないので、非常に喜ばしくはありますけれども、いつもとは違うプレッシャーを抱えながらの挑戦ではあるかなと思っています」と気を引き締めた。

続けて「こんなこと言うとあれなんですけど…よくこんな関西弁のヤツを使ってくれたなという思いもありますので(笑)。でも、皆さんが楽しんで見ていただけるオリンピックになればいいなと思います」とコメント。

「もちろん絶対に邪魔はしてはいけないと思いますけど、アスリートの方が少しでもほっとできるようなインタビューや、リラックスした表情を引き出せるようなキャスターになれるといいなと思います」と意気込みを語った。

これまでにも、「村上信五とスポーツの神様たち」や「村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード」「村上信五∞情熱の鼓動」など、同局のスポーツ番組のMCを経験してきた村上。

「これはその時になってみないと分からないんですけど、オリンピックの本番になった時にどういう顔つきになるんだろうとか、少しお話を聞かせていただける機会があればどういった言葉が出てくるんだろうとか。

オリンピックというのはたくさんの人に感動を与え、心を動かすビッグイベントですから、その主役であるアスリートの方に、競技が終わった後、どういった思いで臨まれたのかも直接聞いてみたいなと思います」と、早くもオリンピックキャスターとしての表情をのぞかせるコメントも。

また、「僕はこれまで数々のアスリートの皆さんを取材させていただいたんですが、若手のアスリートの方、初めてオリンピックを迎えるアスリートの方が、思いの外緊張されず非常にリラックスして日々練習し、日常を過ごされている一方で、東京大会が最後じゃないかという位置付けにされている選手の方は非常にシビアでストイックな日々を過ごされているのも目の当たりにしています。

オリンピックを迎えるに当たり、これまでの取材で数々のアスリートの皆さんから得た言葉は本当に千差万別ではあるんですが、間違いなく“最高に輝く姿を見せたい”という思いはすべてのアスリートの方が一緒だと思います。その最高に輝く姿を、皆さんとぜひ一緒に応援させていただければと思います」と力強く語った。(ザテレビジョン)