8月21日(水)放送の「1周回って知らない話」(夜7:56-9:54、日本テレビ系)では、ゲストに8月24日(土)〜25日(日)に放送される「24時間テレビ42 愛は地球を救う」でメインパーソナリティーを務める櫻井翔と、総合司会を務める羽鳥慎一が登場。

東野幸治がMC、川田裕美がアシスタントを務める同番組では、テレビで当たり前として扱われているが、“今どきの視聴者”が知らない疑問を調査。本人にその疑問をぶつけて明らかにしていく。

櫻井は、嵐のメンバー・大野智が今回で4回目となるデザインを担当した「24時間テレビ―」の“チャリTシャツ”について、1周回った疑問「そもそもなぜ黄色なの?」「芸能人で初めてデザインした人は誰?」などについて尋ねる。

この疑問に答えるのは、番組を立ち上げた初代プロデューサー。彼が約40年自宅に保管していた貴重な品に、スタジオは騒然となる。

■ 桜井「相葉の手紙が大きかった」

また、「24時間テレビ―」史上最多5回目となるメインパーソナリティーの嵐についても、1周回って知らない姿を大調査。

初めてパーソナリティーを務めた15年前の映像には、今からは想像できない初々しい一面と、意外なまでにポンコツな5人の姿が。そんな彼らの変わらないところや成長したところを掘り下げていく。

これまでの「24時間テレビ―」を振り返って櫻井は、「相葉(雅紀)の手紙っていうのが僕らにとってめちゃくちゃ大きかった」とコメント。相葉が語った「トップになりたいって夢、絶対かなえようね」という言葉を紹介し、当時の気持ちを振り返る。

さらに、お互いを知り尽くしている嵐のメンバーに「今さら聞けない1周回って知らない疑問」を調査。メンバー同士で今まで聞けずにいた疑問をぶつけあう。

相葉が櫻井に聞きたい疑問は「チャリTシャツの下にTシャツを着て、袖をクルッとしていますが、それは肌着ですか?」というもの。東野からも「はやらそうとか?」と言われてしまい、羽鳥からは「カッコつけてるんだなって」とイジられるが、これには櫻井なりの真面目な理由が。

そして、大野からの疑問には「これテレビで聞くことかな?」と櫻井が困惑してしまう。(ザテレビジョン)