9月5日に、10月18日(金)公開の綾野剛主演映画「楽園」の完成披露試写会が都内で行われ、出演者たちが撮影の裏話や作品への思いを語った。本作は、吉田修一の「犯罪小説集」(角川文庫刊)を原作に、ある地方で起きた少女失踪事件と連続殺傷事件に翻弄される人々の姿を描くサスペンス。

少女失踪事件の容疑者となる孤独な青年・豪士を綾野、失踪した少女の親友だった紡を杉咲花、周辺住民ともめたことで孤独になった善次郎を佐藤浩市が演じる。

イベントには主演の綾野をはじめ、杉咲、片岡礼子、佐藤、瀬々敬久監督が登場。舞台あいさつが始めると、綾野は「これだけ多くの方に集まっていただいてうれしいです。ようやくこの『楽園』が走り出すんだなと感じています」とコメントし、杉咲も「どのように受け取ってもらえるかドキドキです」と、語った。佐藤は「瀬々監督作品でよもやタイトル通りの作品を期待している人はいないと思いますが、この映画から何か希望を見出してもらいたいです」と、期待を寄せた。

善次郎の身を案じる久子を演じる片岡は、20年前に脳出血で命を落としそうになったことを明かし「今回この久子役をやり切れるのか不安だったんですが、共演シーンの多い佐藤さんと監督のおかげで今日ここに立てたことがうれしいです」と、思いを打ち明けた。

さらに、瀬々監督が「今の日本の姿がよく映し出されていると思います。きれいなシーンもあると思っています。ぜひ皆さんの胸に、飛び込んで行けー!」と突然テンションを上げると、「瀬々監督のそういうところ初めて見ました」とキャスト陣から戸惑いの声が上がり、会場は笑いに包まれた。

また、杉咲は撮影時の裏話を披露。

「綾野さんは役柄に入り込む方だと思っていて、クランクインの日に近づかない方がいいのかな、と思っていましたが一緒に話そうと声をかけてくれて、おいしいごはんをごちそうしてくれたり、誕生日にはプレゼントを2つもくれました!」と、杉咲が明かすと綾野は思わず照れ笑い。

最後に綾野は「これまで映画に関わってきて、たくさんの方々に何かを伝えたい何かを感じてもらいたい、と思っていましたが、この『楽園』を見て新しい感情が芽生えました。みなさんに託すということです。この映画はみなさんに託して皆さんの中で通って初めて完成すると思いました。本当に今日はみなさんに心から感謝しています」と、あいさつし会場からは盛大な拍手が送られた。(ザテレビジョン)