勝村政信主演ドラマ「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」の第4弾が、10月6日(日)にテレビ朝日系で放送される。

そのヒロインに倉科カナが決定。「ドクターY―」らしからぬ、“大人なシーン”に挑んでいる。

■ ゴールデン進出第4弾で、加地秀樹に隠し子疑惑が?

「ドクターY―」は、米倉涼子主演による人気ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(第6シリーズが10月17日[木]スタート)のスピンオフドラマ。第4弾となる今回、ついにゴールデン(夜9:00-11:05)進出を果たした。

倉科が演じるのは、加地が7年前に訪れた銀座の高級クラブのホステス・島田美里。

現役女子大学生だった美里と、当時「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」の外科医だった加地は店で意気投合し、そのままホテルで一夜を共にした。

そして7年後、「東帝大学病院」に勤務していた加地は、ある事情から「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」に戻ってくる。

そこで加地を待ち受けていたのは、7年前の手術ミス疑惑と、「この子はたった一夜の奇跡の夜に、神様が私たちに授けてくださった宝物です」と書かれた手紙を携えた、6歳の女の子・島田七海(古川凛)だった。

「しばらく日本を離れる間、その子をお願いします」という文面にぼうぜんとする加地は、封筒に入っていた写真を見て、驚いてしまう。そこに写っていたのは、7年前に一夜だけの関係を持った美里。

加地は「まさか」と「いや、でももしかしたら…」という気持ちが入り混じりながら、ひとまず美里が日本に戻ってくるまで七海を自分が宿泊しているホテルで預かることに。

案の定、あっという間に病院内に隠し子疑惑の噂が広まってしまう。

■ 勝村政信、倉科カナが撮影を振り返る

今回、これまでにない“大人なシーン”を見せる勝村と倉科。勝村は「ありがたい限りでした(笑)」と話し、倉科は「どうやったら面白くなるか、監督と勝村さんと話しながら撮影を進めました」と振り返る。

さらに、勝村は「倉科さんは本当にかわいらしい方で、今回の美里役は彼女のために書かれたのではないかと思うくらい、ピッタリに演じられていました。みんなが彼女を好きになってしまうのではないかというほど、笑顔にやられますよ!」と、倉科を絶賛。

一方の倉科も「格好良いなぁ、一緒にお仕事したいなぁと思っていたので、今回お芝居をすることができて本当に楽しかったです」とうれしそうに語り、「加地先生の魅力がぎっしり詰まった“医療コメディー”を楽しんでください」とアピールする。

また、加地の“隠し子”として登場する七海役・古川のかわいさには加地もメロメロだったようで、撮影中の2人の仲の良さは共演者やスタッフもうらやむほど。

古川は「勝村さんは優しくて、撮影がとても楽しかった。日傘を差してくれたり、好きな食べ物の話をしてくれたり、たくさんお話をしてくれて面白かった」と興奮気味に話す。

勝村も「本当は少し距離があって、次第に近づいていくという設定なんだけど、最初から仲良くなり過ぎてしまいました(笑)」と笑顔を浮かべた。

■ 島田美里役:倉科カナコメント

私は「ドクターX―」シリーズのファンで、ドラマをずっと見ていたので、出演できたらなぁ…と思っていたんです。今回「ドクターY―」のお話を頂いて台本を読んだら、「ドクターX―」の世界観を残しつつ、加地先生のキュートさも台本にぎっしり詰まっていて、とても楽しく読んでしまいました。

私が演じる島田美里の役柄にもとっても面白いセリフがあって、そのフレーズがどうしても言いたくて、今回の出演を決めてしまったようなものです(笑)。

勝村政信さんは、映像はもちろん、舞台も何度も拝見している大好きな俳優さんです。

何度か共演はさせていただいたのですが、いつも一緒のシーンが短くて…。格好良いなぁ、一緒にお仕事したいなぁと思っていたので、今回お芝居をすることができて本当に楽しかったです。

冒頭には勝村さんとの“ちょっと大人なシーン”があるんですけど、コメディータッチなのでどうやったら面白くなるか、監督と勝村さんと話し合いながら進めました。

勝村さんはいつも撮影現場で気を遣ってくださって、その場の空気を温めてくださいました。

「ドクターY―」は、加地先生の魅力がぎっしり詰まった“医療コメディー”です。ちょっとセクシーなシーンもありますし、楽しんでいただけると思うので、ぜひ見ていただけたらうれしいです。

■ ドラマ「ドクターY〜外科医・加地秀樹〜」あらすじ

7年前の夏、まだ加地秀樹(勝村政信)が「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」の外科医だったころ、とある手術が極秘裏に行われた。

加地のオペによってその命を救われたのは、群馬の代議士・大沢正一郎(本田博太郎)。

数週間後、病から復帰して選挙に勝利した大沢から謝礼の“紅白まんじゅう”を受け取った加地は、その金で銀座の高級クラブへ行き、そのままホステスの島田美里(倉科カナ)と一夜を共にする。

月日は流れ、「東帝大学病院」の外科医として働いていた加地の元に、大沢から「会いたい」と連絡が入る。厚生労働大臣も務め、「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)とも懇意にする大沢からの呼び掛けに心躍る加地。

フリーランスの外科医・大門未知子(米倉涼子)と出会って以来、外科医としてのキャリアに陰りが見えていた加地は、これを起死回生のチャンスと捉え、意気揚々と「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」に凱旋する。

しかし、そこで加地を待ち受けていたのは、7年前の手術ミス疑惑。さらには「この子はたった一夜の奇跡の夜に神様が私たちに授けてくださった宝物です」と書かれた手紙を携えた6歳の女の子・島田七海(古川凛)だった。

自分のことを「パパ」と呼ぶ七海を放っておけず、ひとまずは部屋に泊めることにした加地。その一方で、7年前の手術について再検討するため、脳外科医の木田光彦(片岡愛之助)に連絡を取ろうと試みる。

しかし、木田はすでに携帯電話も解約しており、勤めていた病院を辞めていたことが判明。加地が途方に暮れる中、大沢が再び頭痛を訴え…。

ほどなくして、看護師長・古屋早苗の手により「帝都医科大学付属病院 前橋第27分院」内にも加地の隠し子疑惑が広まる。すると、七海の母親に関する、ある事実が明らかに。

そして、7年前の手術についても驚がくの真実がもたらされる。(ザテレビジョン)