10月16日(水)より放送の「死役所」(毎週水曜夜0:12-0:52、テレビ東京系)に、黒島結菜と清原翔、松本まりか、でんでんの出演が決定した。

舞台は、あの世の市役所ならぬ“死役所”。累計300万部を超えるあずみきしの同名漫画を原作に、松岡昌宏が主演を務める。「生と死」や「天国と地獄」といった深いテーマを、シ村(松岡)ら個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せる。

黒島は、二十歳の誕生日に急性アルコール中毒で亡くなった、天真らんまんな女子大生・三樹ミチル役。

生活事故死課で取り扱う事案で死亡したが、「酒を強要されたから」という理由で“殺人”として手続きしてもらうため、シ役所に居続ける。次第にシ村の笑顔の秘密を知りたくなり…といったドラマの鍵を握る重要な役どころ。

そして、一見チャラそうな今時の青年だが、生前、出生の秘密に苦しみ大事件を起こした、生活事故死課の職員・ハヤシを清原が。

松本は美人で仕事ができるが笑顔はなく、口が悪い、生前は美容師だった自殺課の職員・ニシ川役。

でんでんは、こわもてだが人情に厚く涙もろい、シ役所の良心、他殺課の職員・イシ間を演じる。イシ間は生前、妻に先立たれ子供もなかったため、めい・ミチを娘のように可愛がっていたが、ある事件に巻き込まれ人生が一変する。

今回、レギュラーキャストからコメントが到着した。

■ 黒島結菜コメント

原作を読んでみたら、すごく面白くて!話の芯にある「どうして死んでしまったのか」という理由や気持ちが感動的で、結果何回も泣いてしまいました。

私が演じるミチルは急性アルコール中毒で急に亡くなった人。でもキャラクターが明るくて、またその明るさが逆に悲しいと思うところもあったり。ドラマの中で唯一“一般視聴者目線”となるキャラクターだと思うので、常に視聴者の方々に近い存在でいたいなと思っています。

松岡さんとは共演したことはないですが「目力が強い」「熱い方」という印象があります。そんな松岡さんが、あのシ村の張り付いた笑顔をどう演じられるのか楽しみです。

ただの「重い物語」ではなく、ちょっと「夢を見ているような世界」というような部分も純粋に楽しんでいただければ。また、原作ファンの方にも楽しんでもらえるように頑張りたいと思います。

■ 清原翔コメント

原作を読ませていただいて、とにかくすごく面白かった。だから素直にお話をいただけてうれしかったです。ハヤシは発言や行動がフワッとしていて、理解できる部分があり、身近に感じられました。「なつぞら」で演じた柴田照男役に比べると、ハヤシは僕の普段の話し方に似ていると思います。

正直ハヤシの過去はなかなか重いなと思いましたけど…「こんなことあるんだ」と驚かされました。原作の良さを届けるために、過去の部分はしっかり演じられたらと思います。

扱っているテーマが「死」ということで、どこかで必ず皆さんも共感できるところもあるかと思います。ドラマとしては1話完結ですごく見やすくなっていますので、「1 話見逃した!」となっても、次を見ていただければと思います。

■ 松本まりかコメント

「死後にその死と向き合う世界」を描いた原作、面白くて夢中で読んでいます!とてもシンプルなのに、深いメッセージがあり、読み手に問いを投げかけてくる。そして最後は、読み手の想像を超えた先の普遍的な真実が見えてくる本当に興味深い作品だと思います。自分の死と向き合うことで、人生を見つめ直せる“シ役所”、実際にあって欲しいなと思いました。

私の演じるニシ川は、想像を絶する恐ろしい過去の持ち主。シ村さんと真逆で決して笑わないミステリアスで魅力的なキャラクター。私自身がニシ川のファンであり、もちろん原作のニシ川のファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、「どう演じればいいのか?」とプレッシャーに押しつぶされそうになりました。でもその分とてもやりがいがあります!

制約があるキャラクターですが、原作とは違うせりふをどう表現するのか、監督やスタッフさんたちと細かく相談しながらまずは原作のイメージに忠実に、そこから自由に演じていけたらと思っています。私自身 が「死役所」と出会って心を打たれたように、とにかくこの素晴らしい作品をたくさんの人に知ってもらいたいです。

■ でんでんコメント

原作を読んだときに涙がじわっと潤んで「これはぜひやりたい」と。登場人物がとても個性的で、漫画から映像化ということで「漫画を超えられるようなお芝居をしたい」と思いました。イシ間を演じるに当たり、 昔の「義理と人情」を大事にする時代をとにかくイメージしています。

松岡さんとは大昔共演…いや、すれ違ったことがあるかなぐらいなのですが、「たくましい、力強い、エネルギッシュ」という印象です。シ村として中心にドシッといるのは安心できますね。とにかく見てもらうしかない!

皆さんが待ち遠しいと思えるような作品になるよう、スタッフ・キャスト一丸となって臨めればと思っています。

■ 倉地雄大プロデューサーコメント

僕が「死役所」を映像化できるなら、シ役所という世界観を目の当たりにして率直に心が動くミチルが最初から居て欲しいとずっと思っていました。原作のミチルは奔放で底抜けに明るくて、どこかむなしさを抱えながらシ役所で四十九日間を過ごすのですが、きっと彼女がシ役所で感じることは、僕たちが「死役所」という世界と出会ったときに感じることだと思ったんです。

黒島結菜さんの屈託のない笑顔、憂げな表情など引き出しの多さに感服です!皆さま、ミチルと一緒に、初めて出会う「死役所」の世界観に驚き、楽しんでいただきたいです。

そして、シ村の同僚職員のイシ間・ニシ川・ハヤシ。大人気原作を引っ張る各キャラクターたちをどう映像化したらその個性が活きてくるかとずっと考えていました。彼らの持つ過去をどことなく醸し出してくれる俳優陣を一人一人口説いていきました。 今回、あずみきし先生にもたくさん相談させていただきながら、今回の素晴らしいキャスト陣に集まっていただきました。

自信をもって言えるのは、全員ハマり役ってことです!このメンバーでお届けするドラマ「死役所」、ぜひお楽しみに!

(ザテレビジョン)