11月24日(日)放送のスペシャルドラマ「磯野家の人々〜20年後のサザエさん〜」(夜8:00-9:54、フジテレビ系)に、20年後の穴子役で小手伸也が出演することが決定した。

“日本一有名な家族”であるサザエさん一家の、これまで一度も描かれたことのない20年後を、オリジナルストーリーで届けるスペシャルドラマ。主役のサザエ役を天海祐希が演じる。

マスオと同期入社の穴子は、20年後も変わらず海山商事で営業に勤しむ。マスオとともに出世するも、部下の新入社員たちは、いわゆる“ゆとり世代”。コンプライアンスにうるさい時代にもなり、強いことも言えず、逆に新入社員に気を遣う日々を送っている。そんな穴子の気晴らしと言えば、20年前と変わらず公私ともに仲の良いマスオとの“帰りの一杯”であった。

■ 小出伸也コメント

――20年後の穴子役のオファーを聞かれた際の感想をお願いします。

正直、「僕が穴子さんをやっていいんですか!?」と驚きを禁じ得ませんでした。顔も長くないし唇も分厚くないし(笑)。ただ20年後という発想にあやかり、“可能性の一つ”として演じさせてもらいました。そして、原作・アニメに対するリスペクトはどうしても反映したく、僕にとっての穴子さんの声はやはり、若本規夫さんなので、声はそんなに歳をとらないというイメージのもと、若干寄せてます。

モノマネやコスプレにならないようにしようというのが鈴木監督の演出方針だったので、「今のは寄せ過ぎ(笑)」なんてダメ出しもいただきましたが、そうした確固たるイメージがある役を、リアリティとともに作り出す作業はとても刺激的でした!

――見どころなど、視聴者へメッセージをお願いします。

マスオさん役の西島さんとは今回初めましてだったんですが、マスオさんと穴子さんという国民的キャラクターをお互いが目の前で背負っているというおかしみも相まって、とても楽しい撮影になりました。

西島さんも「小手くんがそんな風にやるんだったら僕も『えぇ〜!』のバリエーションもっと考えないと(笑)」と正しいかどうかは一旦置いておいて、何かしら刺激を受けてくださったようで、そんな二人の既視感あふれるやりとりを、皆様も一緒に楽しんでいただけたら幸いです!ご期待ください!

■ 出演キャスト

ほか、マスオ役に西島秀俊、カツオ役に濱田岳、ワカメ役に松岡茉優、タラオ役には成田凌が決定している。さらにフネ役を市毛良枝が、波平役を伊武雅刀が演じる。(ザテレビジョン)