10月5日に劇場デビュー11周年を迎えるSKE48。前日の4日にはホームである名古屋・栄にあるSKE48劇場で前夜祭イベントが行われ、深夜には「帰ってきたミッドナイト公演」が開催された。

2年ぶりの「ミッドナイト公演」は、出演メンバーは開演までシークレットとなっていたが、まずは前座として山内鈴蘭が登場。「それでは聞いてください、『甘い股関節』」と自ら曲振りをすると、客席からは笑いが起こり、歌唱後もざわつきは収まらず、早くも平常の公演とは違った雰囲気に。

そして、幕が開くと“ミッドナイト選抜”こと立候補した10人のメンバー(山内、青木詩織、荒井優希、大場美奈、北野瑠華、高柳明音、古畑奈和、井田玲音名、斉藤真木子、佐藤佳穂)が黒のミニスカート衣装で登場し、「Two years later」を披露。

トップスを1枚脱いで「やりたがり屋さん」「Ambulance」と続けて、オトナのムードを漂わせる一方、SKE48らしくキレのあるパフォーマンスを見せた。

MCでは、山内が出演者は秘密だったはずなのに出ることがバレバレだったことをツッコまれると、「マネジャーさんに言われました『おまえは別だ』と」と、“ミッドナイトの女”を自称する山内らしいコメント。

初出演組は大場に「夜のイメージがない」と言われた青木が、イメージとかけ離れた(?)発言で会場を爆笑させる一方、井田は「“公演”と名の付くものは出ておかないと」と“シアターの女神”らしい出演理由を明かした。

その後、ユニットブロックに突入すると、青木、荒井、北野のチームKIIの初出演組3人が「誘惑のガーター」を歌唱し、続く「従順なSlave」では高柳が女性役、古畑が男性役で登場。手錠のようなもので手がつながれていたり、キスシーンがあったりと、豊かな表現力と演技力を生かした無声劇のような濃厚なステージで客席を魅了。

会場が余韻に浸る間もなく次の曲に移ると、山内と斉藤がステージ上へ。「お手上げララバイ」でダイナミックなダンスを披露すると、そこに大場、井田、佐藤が加わり、楽曲は「Party is over」へ。激しい「お手上げララバイ」から一転、しっとりとしたパフォーマンスでファンを引き付けた。

4曲を終えてユニットブロックを振り返ると、「全てがかき消された!」「頑張ったんだけど…」「何あれ!?」と青木、荒井、北野から発言が相次ぎ、話題は高柳と古畑の「従順なSlave」へ。

「あれは全て古畑奈和プロデュースです」と話す高柳に対し、「私は設定を考えただけで、ダンスの先生が一生懸命頑張って考えてくれたんです」と古畑。

すると、古畑は「大人の方たちばっかりだから言いますけど」と前置きし、「高柳さん、キスがへたくそ過ぎて(笑)」と暴露。

会場が大いに沸き、メンバーも照れて舞台袖に向かう高柳を「かわいい!」と茶化していると、ステージ中央に戻ってきた高柳は古畑の過剰(!?)な演出を明かして反撃し、これにはメンバーからも「何やってるの!?」とツッコミが相次いだ。

楽曲披露に戻ると、制服姿のメンバーたちは「軽蔑していた愛情」で陰のある雰囲気を作り出したかと思えば、続く「シャムネコ」「ほっぺ、ツネル」ではそれぞれタイプの異なるかわいらしさを表現。最後は「制服が邪魔をする」で再びシリアスな空気を作りだし、本編は終了した。

そして、アンコールでは“坂道AKB”の楽曲「誰のことを一番 愛してる?」で、躍動感のあるダンスを存分に披露すると、「ミッドナイト公演」最後の楽曲はファンにはおなじみの「スルー・ザ・ナイト」。セクシーな衣装&パフォーマンスで客席の視線をくぎ付けにした。

また、終演のあいさつ時には高柳がSKE48からの卒業を発表。意外なタイミングでの発表に、客席からは「ここで!?」「今日!?」と驚きの声が飛び交ったが、高柳がコメントを終えると、山内が「その後にやりづらいよ」と言いながらも、 “ミッドナイト流”のあいさつで明るく公演を締めくくった。(ザテレビジョン)