高畑充希主演ドラマ「同期のサクラ」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)が、10月9日にスタート。第1話のクライマックスで、森山直太朗が歌う主題歌「さくら(二〇一九)」(読み:さくら にせんじゅうく)の音源が解禁された。

■ “今”だからこその歌唱と、瑞々しいアレンジで生まれ変わった「さくら」

「同期のサクラ」は、「過保護のカホコ」(2017年、日本テレビ系)制作チームが再集結し、主演の高畑と脚本家・遊川和彦が再びタッグを組んだオリジナルドラマ。

森山が2002年に発表した「さくら」の歌詞世界が、本ドラマと非常に共鳴するということから、制作陣が“今”の歌唱で主題歌として提供してほしいと熱心にオファーしたことで、主題歌決定に至った。

森山は、その思いに応え、2019年の“今”だからこその歌唱と瑞々しいアレンジによって、新たな「さくら(二〇一九)」を制作。アレンジは、数々の映画音楽を手掛けるシンガーソングライターで作曲家の世武裕子が務めている。

今回の主題歌オファーについて、森山は「年月を経て、生まれ変わった今の『さくら』を聞いていただけることは、歌い手にとってこの上ない喜びです」と喜びをあらわに。

そして、「主人公サクラとその仲間たちが駆け抜けた季節に、この曲がどんなふうに折り重なるのか今からとても楽しみです」と、ドラマの世界観と主題歌のシンクロへの期待を明かした。

■ 森山直太朗コメント

「さくら」は、かれこれ20年ほど前に作られた曲です。独唱、合唱など、折に触れ、たまに形を変えながら歌い続けてきました。そんな年月を経て、生まれ変わった今の「さくら」を聞いていただけることは、歌い手にとってこの上ない喜びです。

元号も変わった新しい時代の幕開けに、この曲に光を当ててくださったドラマのスタッフの皆さんと、編曲をしてくれた世武裕子さんには感謝の言葉しかありません。

主人公サクラとその仲間たちが駆け抜けた季節に、この曲がどんな風に折り重なるのか今からとても楽しみです。改めまして、「さくら(二〇一九)」これからもよろしくお願いいたします。

■ 大平太プロデューサーコメント

この企画を思い付いたときに、勝手に直太朗さんの「さくら」が鳴っていたんです。でも、森山さんの代表作でもありますので、無理を承知でご本人とお会いして、僕の思いを伝えました。

直太朗さんが、「とても大切に16年間歌って来た曲ですが、今の僕にしか歌えない『さくら』があるはずです」と快諾してくれました。

新しく生まれ変わった「さくら(二〇一九)」を初めて聞いたとき、僕達の主人公・サクラを応援してくれているかのようで、久しぶりに心が震えました。

■ ドラマ「同期のサクラ」第2話あらすじ

2010年。花村建設人事部で社会人2年目を迎えたサクラ(高畑)は、「残業時間を減らせ」という会社からのお達しを部長の黒川(椎名桔平)から丸投げされ、各部署を回ることに。

久々に同期と再会し刺激を受けるサクラ。しかし、営業部の菊夫(竜星涼)が高圧的な上司の下で追い詰められていることに気付き…。(ザテレビジョン)