2010年から開催されている日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 AUTUMN/WINTER」が、9月28日に千葉・幕張メッセで開催。今年も3万人以上が来場した同イベントに、元欅坂46の志田愛佳が出演した。ランウェイ前の彼女に、休日の過ごし方や今後挑戦してみたいことを聞いた。

――これからランウェイですね。舞台裏ではどのように過ごされていますか?

寝てました(笑)。あまり緊張しないタイプなんです。待機場所では、ずみ(今泉佑唯)と席が隣だったんですけど、メイクタイミングが合わなくて話せなくて、ケータリングで会いました。

――もう季節は秋ですが、今年取り入れたいファッションはありますか?

ちょっと大きめのニットとか着たいです。

――これから買う予定ですか?

実はもう買っちゃいました。いつもは黒や白みたいな、あまり色のないものを買うんですけど、今回は水色の淡い色のニットです。

――この秋にやりたいことはありますか?

秋の空気が好きなので、車に乗って外で過ごしたいです。

――休日はどんなふうに過ごされていますか?

車が好きなので、ドライブをよくしています。目的は決めずに走っていて、今年の夏は山や海に行きました。

――まもなく2020年ですが、やってみたいことはありますか?

バイクの免許が欲しいです(笑)。乗ってみたいので、免許が取れるようにがんばります。

――免許が取れたらどこに行きたいですか?

海沿いですね。大きいバイクに乗りたくて、ハーレーみたいなアメリカンに乗って出かけたいです。

インタビュー後、志田は山田孝之がプロデュースした「QALB」ステージにシークレットゲストとして出演。志田の登場は事前に告知されていなかったため、彼女の名前が表示された瞬間、会場からは驚きの声があがった。

同イベントに2年ぶりの出演となる志田は、藤田ニコル、Nikiと共にヘソ出し姿のクールな衣装で、ブランクを感じさせないウォーキングを披露。ランウェイを見ていた観客を魅了し、その存在感を示した。(ザテレビジョン・取材・文=永田正雄)