10月27日(日)放送の「日曜THEリアル!」(夜8:00-9:54、フジテレビ系)では、「今夜解禁!開かずの扉 超カギ師が眠れるお宝発掘SP」を放送する。

開かずの扉に知恵と推理力、そして指先の感覚と聴覚を駆使した神ワザで立ち向かう「開け師」と「開かず」の真剣勝負ドキュメンタリーバラエティー。現場には立ち合い人として、芸能人レポーターが同行し、緊張と驚きの瞬間をお届けする。

ビビる大木は、日本海に面した歴史豊かな港町である石川県加賀市橋立町を訪れる。ここは日本中を航海し、莫大な富を築いていた北前船長者たちの村で、大正時代の雑誌には“日本一の富豪村”と紹介されていた。

北前船とは、江戸時代中期から明治30年代にかけて、大阪と北海道を1年間に1往復していた物流船で、1回の航海で、現在の価値で1億円もの利益をあげていた。村全体が宝の山であり、今なおたくさんのお宝が残っている。そんな村に眠っていた開かずの扉は、それ自体が骨董品の船箪笥だった。

船箪笥とは、航海中、船の底に置かれ、大切な物を保管していたいわゆる「船の金庫」だ。資料館に置かれているが、鍵がなく、40年以上開けられてこなかった。しかも、その鍵穴は潮にさらされ、さび付いている。天才カギ開け師はこれを開けることができるのか、「開け師」と「開かず」の真剣勝負に迫る。

この他にも、平安時代から戦国時代にかけて実在した伝説の水軍「松浦水軍」の末裔の家に残された開かずの金庫や、関西有数の実業家・由良浅次郎が建てた、とてつもない豪邸の廃虚に眠る巨大な金庫に、天才カギ開け師が挑む。

■ ビビる大木 コメント

実家や親戚の家にある蔵や金庫などで、“価値のあるものは何も入っていない”と思っていても、プロの鑑定士が見ると実は価値のあるものだった、ということはよくあります。今回のロケで北前船の歴史を学んで、石川県以外にもそのような歴史があると分かったので、まだまだ眠っているお宝はあると感じました。プロの鑑定士に家のお宝を見てもらえる良い機会なので、そういったものをお持ちの方はぜひ番組に応募していただきたいと思います。

■ 宮崎美子 コメント

何時間もしゃがんだ状態で作業をするカギ開け師はやっぱりすごい!と思いました。“お宝”と聞くとつい“お金”と思いがちですが、お金に換えられない“お宝”もあるのだと感じます。例えば北前船はその地域の歴史であり、それに関わる家族にとっての誇りです。そういったところも感じていただきたいな、と思いました。

■ 朝日奈央 コメント

カギ開け師もお宝ももちろんすごいのですが、今回はまた違った分野のプロフェッショナルも登場します。ぼろぼろになった床を通れるようにする廃虚整理のプロや、建物の中を偵察するための小型ドローンを操縦するプロが神ワザを発揮するので、そこにも注目していただければと思います。(ザテレビジョン)