グラビアアイドルの南沙羽が、10月24日に3枚目となるDVD「恋の鼓動」(ギルド)を発売。東京・秋葉原でリリース記念ファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

今年8月に河口湖周辺と都内で撮影された本作。南は「今まで1枚目と2枚目はバリでの撮影だったんですけど、今回は国内ということで和服が結構多かったですね。国内ならではのシーンが撮れたかなと思います」と笑顔であいさつした。

「今回はケータイ小説家という設定で、新しい作品を書くために旅館に泊まっているという設定です」と全体的なストーリーを紹介。

「新しい作品を書くために…書けなくて悩んでいて、書くためにいろんな経験をするという展開なんですけど。バニーちゃんとかOLさんとか、自分の職業と関係ない衣装があるのが見どころですね。

バニーちゃんの衣装は、もともと着たい衣装ではあったので、『やった!着られる!』みたいな(笑)。初めて着ました、バニーちゃん」と笑顔をのぞかせた。

ほかにも同じ事務所のグラビアアイドル・清瀬汐希も作品に登場してくるとのことで「彼女のDVDにも同じシーンがあって、コラボしていて。二人で同じ男性を取り合っているみたいな設定で(笑)。

結構バチバチしているシーンがいくつかあって、そこも面白いなと思います。清瀬ちゃんは旅館のおかみさんです」と、新たなコラボ展開をアピールした。

一番のお気に入りシーンについての質問も寄せられるが「お気に入り?難しいなぁ…。全部お気に入りなんですけど(笑)」と悩んでいる様子。

逆に苦労したシーンに関しては「今回が3枚目なんですけど、1枚目と2枚目でフレッシュなイメージで撮っていて。今回は、自分の中で攻めたいと思って挑んだ1本で。

結構どのシーンも苦戦したというか…。どうしたらいいんだろうと。まだグラビアを始めて1年くらいなので、最初の2本は始めたてで分からないまま撮っている感じだったので。今回は結構頑張りました。

せりふもありました。お芝居も好きなので楽しかったです。特に清瀬ちゃんとのシーンが楽しかったですね。普段から仲がいいので、バチバチなのが二人で面白いねって、笑っちゃいそうになりながら撮っていました」と撮影を振り返っていた。(ザテレビジョン)