清原果耶が、10月28日に東京都内で開催された「東京ドラマアウォード 2019」授賞式に出席。主演ドラマ「透明なゆりかご」(NHK)での演技が認められ、個人賞の主演女優賞を受賞した。

「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2019」のメインイベントとなる「東京ドラマアウォード2019」は、作品の質の高さだけではなく、“市場性”、“商業性”にスポットをあて、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを表彰する。

沖田×華の同名漫画を安達奈緒子脚本でドラマ化した「透明なゆりかご」。町はずれの小さな産婦人科医院「由比産婦人科」に、アルバイトの看護師見習いとしてやってきた主人公・アオイ(清原)が、中絶や死産などの産婦人科の“影”の部分と向き合い、さまざまな事情を持つ妊婦たちと触れ合い、その中で命について考える姿を描いた。

石坂浩二から「素晴らしい演技だった。お芝居に品がある」と絶賛された清原は、恐縮しつつも「ありがとうございます」とニッコリ。

また、「この作品を撮影しているときは、アオイちゃんをどうやって演じようか、すごく悩んだり、考えたりしたんですけど、その分すごくこの作品の存在を私の中で捉えられ、大切にしたいという意識がとてもあったので、それがもし表れていたのならうれしいです」と真摯(しんし)な思いを明かした。

「透明なゆりかご」は、作品賞<連続ドラマ部門>優秀賞も受賞。清原は、脚本の安達ら制作陣と共にステージに上がり、笑顔を見せていた。(ザテレビジョン・取材・文=TAKAMI)