12月9日(月)放送の「女芸人No.1決定戦 THE W(2019)」(夜8:00-10:54、日本テレビ系)決勝に進む10組が決定。10月28日に東京都内で行われた会見にて発表された。

2018年優勝の阿佐ヶ谷姉妹をはじめ、123☆45(イズミヨーコ)、おかずクラブ、紺野ぶるま、3時のヒロイン、そのこ、つぼみ大革命、にぼしいわし、はなしょー、ハルカラの10組が、女芸人の中で一番面白い“笑いの女王”を決めるため激突する。

今回は、決勝進出者10組が5組ずつAブロック、Bブロックに分かれ、両ブロック1ネタ終えるごとに暫定一位を決定。勝ち残った1組ずつが、最終決戦に進出し優勝を狙う。

会見には、「ーTHE W 大会サポーター」として、りんごちゃん、EXITが会場に駆け付けた。

■ 戦いはすでに始まっている!

阿佐ヶ谷姉妹は、「“お笑い第七世代”ですとか言われておりますが、『ーTHE W』も突風が吹き荒れそうな大会になりそう」とコメント。

紺野は、MCの青木源太アナウンサーに「戦いはすでに始まっていますか?」と聞かれ、「つぼみ大革命のお水に墨を混ぜておきました」とジョークを飛ばし、他の女性芸人から総ツッコミが。

■ 大会サポーターの期待は?

また、青木アナに大会へのコメントを求められると、EXIT・兼近大樹は「女性しかできないお笑いが見れると思うので、ワクワクが止まらないっすね」と大会への期待を膨らませた。

さらに、相方のりんたろー。は「準決勝も見させていただきましたが、どの組が優勝してもおかしくない。今回の『ーTHE W』まじハンパじゃないっす。絶対見なきゃ、孫正義!」と、EXITらしさ全開でコメントした。

対してりんごちゃんは、青木アナに「この大会で優勝すると一気にスターダムに駆け上がりますよね、武田鉄矢さん」と振られると、「もちろんでございます。皆さん頑張ってくださいよ〜」と武田鉄矢の物まねで答え、会場を沸かせた。

■ 優勝賞金は“歯”の治療に使った

阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子は、「2018年に優勝という大きなタイトルをいただきまして、一年間楽しいことや、夢のようなこともたくさんありました。でも、もっともっとお笑いを磨いていきたいという気持ちがあり、もう一度チャレンジさせていただきました」と明かした。

また、2018年の優勝賞金1000万円の使い道を聞かれると、木村美穂は「銀歯をセラミックに替えました。二本セラミックにしたんですが、値段が高かったので一本は割引していただきました(笑)」と、大金を手にしてもなお倹約ぶりを見せた。

■ 優勝して彼氏もゲットしたい!

ファイナリストの中では唯一、フリーでの出場となる123☆45。ヨーコは「フリーなので、後ろ盾は何もないですが私たちの実力を精いっぱい出し切って、優勝賞金とプライベートもフリーなので彼氏もゲットしたい」とアピール。

普段の活動についてイズミは「地元の岩手県で里山管理のお手伝いをしています」と明かし、「『ーTHE W』へ出場していることを誰にも話していない」とまさかの告白。

■ おかずクラブは“ネタ職人”

オカリナが番組ロケの都合上欠席のため、ゆいピーが「この中では唯一の売れっ子です…冗談ですけど(笑)」と会場を沸かせ、「最近はネタ番組に呼ばれることがなくなってきてしまったので、『こういうネタもできるんだよ』と知っていただけたらうれしいです」と心境を語った。

また、兼近から「おかずクラブさんて、ネタ職人なんですよ!芸人になって初めての舞台がおかずクラブさんの単独のエキストラでした」と先輩を慕う様子を見せた。

■ 自分が一番かわいい

紺野は、意気込みを聞かれると「『ーTHE W』も三回目、私も三年連続ファイナリストなんです。『二回ファイナリストに選ばれて、優勝できなかったから、今回も無理だろう』と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、優勝という一つの枠を勝ち取りたい」と自虐的にコメントをした。

さらに、青木アナから「女性だけの華やかな舞台ですが、ぶるまさんは“いい女度”でいうと、何番目くらいですか?」と聞かれると「アイドルのつぼみ大革命もいらっしゃって、3時のヒロインもハルカラもかわいいし…でも(自分が)一番ですかね」とぶるま節を見せた。

■ 古巣と激突するのか!

3時のヒロイン・福田麻貴は「過去二回、準決勝で敗退してしまいテレビで決勝を見ていたのですごく悔しかった」と明かし、「私、つぼみ大革命の元リーダーだったんです。つぼみはアイドルグループではなくて、パフォーマンスグループだったんです。私が抜けてからCD出したり、アイドルらしくなった」と、古巣には負けたくないと強気な姿勢を見せた。

■ 元自衛隊員のネタはいかに

芸歴1年目のそのこは、「芸人になる前は、陸上自衛隊員だったのでその経験を生かしたい」と、特殊な経歴を明かした。緊張しているそのこに対して、りんごちゃんはアドバイスとして「本番前にお手洗いに寄ってすっきりする」と話し、そのこを和ませていた。

■ 賞レースに全てを懸けるアイドル

つぼみ大革命・吉岡久美子は「アイドルなんですが、吉本興業所属のアイドルなので、コントを交えたパフォーマンスのライブをしています。コントをテレビで披露できることもうれしいですし、全国放送に出ることも初めてなので、つぼみ大革命を『ーTHE W』を通して知っていただきたいです」と初々しい様子を見せた。

杉山優華は、「私たち売れてないので、全員バイトしてるんです。吉本の大人の方に『どうしたらお金たくさんもらえますか?』って聞いたら『賞レースで優勝するしかない』って言われました」と思いを吐露した。

■ 毎月60ステージ立つも知名度がない

にぼしいわし・いわしは「この中でダントツに知名度がないですし、テレビも『ーTHE W』の決勝で初めて出ます。事務所は大阪の四畳しかない小さい事務所で、地下にあるライブハウスで毎月60ステージ立っています。それなのに、知名度がないんですよね」といい、“60ステージ”にはライバルたちも驚きの様子を見せていた。

兼近は「こういう賞レースの決勝には変わったコンビが大体一組いますけど、今回はにぼしいわしがそういうコンビになると思うので、トップバッターだったらおしまいだと思う」と話し、会場は笑いに包まれた。

■ 今までの悔しさを背負って奮闘する

はなしょーの山田しょうこは、「第一回目の『ーTHE W 2017』で決勝に進みましたが、そのときトップバッターだったので、はなしょーから始まった大会だと思っています。第一回目は決勝に進んだだけでも舞い上がってしまったので、今回は優勝を目標に頑張ります」と熱い思いを明かした。

■ 夫婦王者を目指して

ハルカラの和泉杏は「過去二回決勝に残れなくて、2018年は準決勝をコンビで見に行ったんです。帰りに2人で文句言ってました(笑)」と当時の悔しい思いをした心境を明かし、「2019年4月に入籍しまして、旦那のハナコ・菊田竜大が『キングオブコント2018』で王者となりましたので初の夫婦王者を目指したい」といい意気込みを見せた。(ザテレビジョン)