11月3日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)は、3週連続宮崎ロケ企画の最終週。以前スタジオで行われた野球企画で見事なスイングを見せた日向坂46の“スラッガー”4人が、本格的な野球場でフリーバッティングに挑戦した。

3週にわたって放送された「日向坂野球部 in 宮崎キャンプ」では、これまでオードリー春日俊彰監督の指導の下、「ぐるぐるバット20m走」「大喜利&常識クイズ」など、野球以外の特訓を行ってきた

今回は、読売ジャイアンツが毎年キャンプを行うサンマリンスタジアム宮崎に場所を移し、本格的なフリーバッティング対決が繰り広げられた。

紅白各チームから2人ずつ選ばれた代表メンバーが、ピッチングマシンから放たれたボールを打ち、より遠くまで飛ばした方が勝ちというルール。一人3回バットに当たった時点で次のメンバー交代となる。

春日監督は、紅組から高本彩花、加藤史帆、白組から佐々木久美、東村芽依と、スタジオでの野球企画で非凡なバッティングセンスを見せていた4人を指名した。

まず、最初に挑戦した赤組の高本は、1球目と2球目はバットには当てたものの、なかなか前には飛ばず。しかし最後の3球目はクリーンヒット。ライナー性の打球は左中間まで転がり、82mという好記録をたたき出した。

続いて挑戦したのは、スタジオでは豪快なスイングでホームラン性の打球を連発していた紅組の加藤。

今回の対決でも加藤は、3球とも確実にミートしたが、打球はなかなか上がらず。

その後に挑戦した白組の佐々木久美は、自打球が足に当たるというアクシデント、東村も外角の球を見送るという選球眼を見せるなど、見せ場を作っていた。

4人のバッティング対決は、SNS上でも注目を集め「日向坂のスラッガー4人www」「おたけ(高本)来年のドラフト候補だな」「かとし(加藤)の野球センスは本物」「自打球wwキャプテンほんともってるw」「ささくの自打球めっちゃ笑った」「キャプテン流石です」「アイドルの自打球って」「めいめい(東村)+バット=最強可愛い」「今週もNo Photoな佐々木キャプテン」などと、大きな盛り上がりを見せていた。

次回の「日向坂で会いましょう」は、11月10日(日)深夜放送。「クレーム続出!この際だから言っておこう!」の前半戦をオンエア予定。(ザテレビジョン)