グラビアを中心に活躍中のタレント海里(かいり)が、10月25日に2枚目となるDVD「海の彼方で逢いましょう」(イーネット・フロンティア)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

今年5月頃、バリ島で撮影された本作。「バリ島は今回で2回目です。今回はすごくリラックスして、表情も本当の笑顔でできたかなと思います(笑)。リラックスできました」と笑顔であいさつした。

「今回は、彼の夢の中で妄想していることが作品になって、いろんな衣装を着て、いろんな設定があって面白い作品だなと思います」と全体的な展開を紹介した。

作品の中で印象に残ったシーンについて「ジャケットの“フラワーバス”のシーンとか、赤い“リボン”の衣装を着たり…。

この赤いリボンは、着ているというよりはリボンを巻き付けている感じで、それをほどいていくのでセクシーかなと思います」と斬新な衣装(?)をアピールした。

ほかにも“シール”を貼り付けただけの“衣装”もあるといい「露出度はかなり高いんですけど、初めてこんなに露出したかなと。頑張りました(笑)。

着け心地?着け心地は最高で(笑)、解放感がすごかったです。裸の気分でした(笑)」と撮影を楽しんでいたことを報告した。

そんな体当たりで臨んだ今回の作品には「100点」と、自身で採点した海里。

1作目からの成長したポイントに関しては「1作目と比べて、だいぶリラックスしてできたかなと思います。表情とかも前よりも明るくなったかなと思います」と今作の出来に胸を張っていた。(ザテレビジョン)