グラビアアイドルの白瀬真奈が、DVD「天使のビネツ」(ラインコミュニケーションズ)発売記念イベントに出席。作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

今作が2枚目のイメージDVDという白瀬だが、ジャケット写真からしてかなり攻めた印象。海での撮影で、水着の下に砂が入ってしまった…というシーンだという。

そんな大胆なカットにも挑戦した白瀬。グラビア活動について「まだまだ全然慣れなくて、緊張もしますし…ド緊張です(笑)。お風呂のシーンも、ポーズとか恥ずかしかったですね」と照れ笑い。

作品に点数を付けてもらうと「90点(笑)。やっぱり演技もまだまだですし、もっと筋トレとか体を鍛えてすてきなボディーにしたいと思います。全体的になんですけど、おなかとおしりを鍛えたいです」と、自身のこだわりを明かした。

今年6月にファーストDVDをリリースした白瀬に、今年2019年を振り返ってもらった。

「いろんなことがあった1年でした。まさか自分がDVDを出せるなんて思わなかったですね」としみじみ。

その流れで、来年2020年についての質問も寄せられた。白瀬は「できるかどうか分からないんですけど、写真集を出せたらいいなと思います。あとは海外に行きたいですね。撮影で海外に行ったことがまだないので」と憧れを口にしていた。(ザテレビジョン)