11月10日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、2019年にデビュー30周年を迎える「東京スカパラダイスオーケストラ」のバリトンサックス・谷中敦がスタジオ初登場。今は亡き盟友、元スカパラドラマーの青木達之氏に、自作のポエムで爆笑問題との共演を報告した。

「日本一モテる52歳。趣味はポエム」と司会の田中裕二から紹介された谷中は、爆笑問題の2人に対してもポエムを作ってきたと言い「読ませていただいてよろしですか。では、詩を読ませていただきます」と周りのゲストに断りを入れ、おもむろにスーツの内ポケットから折りたたまれた紙を取り出し、爆笑問題の2人を笑顔で見詰めながら詩を朗読。

読み終わるとスタジオからは拍手が上がり、太田光が「すげー良いじゃん!これさ、曲つけましょうよ!」と楽曲化を希望し、田中は直接自分たちに向けられたものではないと気付き「お友達が?」と質問する。

すると、谷中は「そうですね、あの、大学の頃だったか、いろんなことに結構懐疑的で、簡単に物事を好きだって言わない奴が、いきなり本持ってきて『爆笑問題って面白いんだよ』って。一目置いてた友達だったんで、すごい印象に残ってて」と理由を言い、太田が「亡くなられたんですか?」と問い掛ける。

これに谷中は「そうなんです。まぁあの、高校の時から付き合いがあって、スカパラの(元)ドラムの青木達之なんですけど」と、1999年に亡くなった東京スカパラダイスオーケストラ初代ドラマーの青木氏が、学生時代に爆笑問題を好きだと言っていたことを思い出して作った詩だと明かす。

テリー伊藤が「これは完全にモテますね」と“日本一モテる52歳”にかけてちゃかすと、谷中は顔を押さえて恥ずかしがりテリーにもたれかかる。

すると太田が「俺も好きになります。今夜空いてますか?」と谷中に聞き、一同は大爆笑し、話題を締めくくった。

次回の「サンデー・ジャポン」は11月17日(日)放送予定。(ザテレビジョン)