映像配信サービス「dTV」のオリジナル番組「キスマイどきどきーん!」の最新話(#40)が配信。Kis-My-Ft2が繰り広げる、笑いあり、涙あり、感動ありのノーコンバラエティー。

今回は「極限状態で人間はどうなるのか」をテーマに、課せられたミッションをクリアしないと部屋から脱出できない企画「キスマイ監き〜ん」を送る。

■ 千賀は激辛に悶絶する2人を横目においしく食事!

「キスマイ監き〜ん」には今回も前回と同様、二階堂高嗣、千賀健永、横尾渉が登場。今回の実験は「世界一辛いソースといわれる“デスソース”を全て使い切れば部屋から出られる」というもの。

それ以外には時間無制限、好きな料理を注文してもOK。指定された目盛りまで使うとお助けカードの使用ができるというルール。

まずは二階堂の提案で「甘口のカレーにソース入れて食べよう」ということに。到着した料理に恐る恐る5滴だけかけ口に入れるが、あまりの辛さにうなり、嗚咽、もん絶しながらひたすら激辛になった料理を口に入れる二階堂と横尾。

そんな二人の横で、ほんの少しだけソースを加えた料理を頬張り「あ、うまーい」「ラッシー飲みたいな」と料理を楽しむ千賀に横尾は「いいからかけて食べろよ」と抗議の声を上げる。だが、そんな声もお構いなしで「お助けカードってなんだろ、もう使いたいね」と話す千賀に、二人から「じゃああとちょっと減らして」とまたもや抗議される。そんな辛い物が苦手な千賀が思いついた自称・画期的な作戦とは。

■ 痛みと辛さに苦悩し、ある助っ人を要請する。

そして1回目の目盛りに到達し、お助けカードを引くとそこには「辛さを忘れさせてくれる日本一の男」という文字があり、監禁部屋にやってきたのは足つぼマッサージで日本一のマッサージ師が登場。辛さを忘れるツボを押しながら食べることに。

”辛さを忘れるツボ”効果なのか足つぼの痛みの効果なのか、大量のソースを消費することに成功したが…痛さのあまり涙を流しながら二階堂は「もうお助けカードも怖い」と一言。

マッサージを終えたが、終わりが見えない実験に手が止まる3人。すると横尾が突然「マネジャーさん、宮田何してます?」と辛い物好きなメンバー宮田俊哉を呼んでしまおうと提案。宮田に電話し、何も知らない宮田を呼び出すことには成功するが、果たして本当に宮田は現れるのか。

■ 美男子ポーズではお気に入りのはずの北山に事件が⁉

休憩中のキスマイメンバーたちの元にやってきたのは「美男子ポーズまで3秒前」の監督たち。今回のテーマ「大逆転」に選ばれたのは北山宏光と千賀。今まで"美男子認定"をとり続け、監督のお気に入りとして自信ありげな北山だったが、2回連続でブ男認定を受けてしまう。

「雰囲気」が駄目だといわれ、ポーズがよくてもブ男判定だったと知らされた千賀に対し、なぜ北山が駄目だったのかを聞くと、お気に入りだったはずの北山に監督から驚きの発言が飛び出す…。

■ 遂に登場した助っ人。しかし何か勘違いをしている…?

「キスマイ監き〜ん」後半、辛さにすっかり戦意喪失した3人の元に何も知らない宮田がやってくる。何も知らずに休みを過ごしていた宮田だったが、スタッフで「キスマイどきどきーん」の収録だと瞬時に理解、デスソースを見るなり「デスソースがなくなるまで帰れない的なアレ?」と驚異的な理解力を見せる。そんな宮田がデスソースを大量に掛けたパスタを一口食べると「辛っ」と一言。横尾が「えっそんなもん?」と驚く中、「だってお助けカードの俺が一口で『げー!』っていってたら駄目でしょ」と何か勘違いしている様子。

宮田の参戦でデスソース攻略が見えてきたメンバーたちだが、気になる結果は次回に続く。

■ 次回は新企画「キスどきマッチング」を初開催!!

次回、キスマイメンバーしかいない密室空間でベストパートナーを選ぶ新企画「キスどきマッチング」を送る。「100人のマフィアを倒すためのパートナーは誰?」という質問では北山、宮田らが「筋トレしてる」「ハワイで実弾打った」とアピールする中、「基本シャワーの時目を開けている」と千賀が謎の発言。

そして「キスマイ監き〜ん」完結編では、催眠術で思うがままに操られるメンバーにデスソースとは違う試練が待ち受ける?(ザテレビジョン)