11月10日(日)の「情熱大陸」(毎週日曜夜11:00-11:30、TBS系)は、ポールダンサーの小源寺亮太に密着する。

小源寺は2014、2015年にポールダンスの全国大会“ポールキングジャパン”で優勝し、以降、さまざまな大会で頂点に立ってきたカリスマポールダンサー。

ポールダンスというと、官能的な美を表現するものと捉えている人も少なくないかもしれないが、現在はフィットネスの延長として習う人も増え、子供も通えるスタジオも徐々に増えているという。

小源寺のダンスは、男性では珍しい柔軟性から繰り広げられる高度な技と、圧倒的な世界観で観客を魅了する。

幼少期から夢見がちで人と合わせることができず、ちょっと変わった少年だったという小源寺。「僕の頭の中は、ファンタジー」と語る彼が、頭の中の非現実的な世界を表現できる手段がポールダンスだった。

選曲、振り付け、衣装に至るまでを徹底的に作り上げ、見る者を異世界へと誘う彼について、「神」「妖精」と崇めるファンも少なくない。

番組では、北アイルランドで開催される由緒ある世界大会に挑む姿に密着。小源寺の“現実”と“空想”の世界を見つめながら、作品が出来上がっていく過程と共に、ポールダンスへの思いを映し出していく。(ザテレビジョン)