「G線上のあなたと私」(TBS系)に加瀬理人役で出演中の中川大志が、発売中の週刊ザテレビジョン11/15号の連載「Be Ambitious!」に登場。スペースアスレチック トンデミ 平和島店を訪れた。

ここは、トランポリンや綱渡り、ウォールクライミングなどのスポーツアクティビティを気軽に体験できる施設。中川は、トランポリンを体験した。

専用の靴下の履き替えると、子供たちでワイワイとにぎわうアクティビティーの中へ。その輪に混ざって跳び始めると、あっという間に打ち解けていた。

初めは軽めに跳んでいた中川だが、慣れてくると空いたスペースで段々高く跳んでいく。しかし、感想を聞くと「すみません、なめていました、トランポリンを(笑)。子供たちが楽しそうに跳んでいたので調子に乗って同じテンションで跳ぼうとしたら、体がびっくりしていました」と想像よりもハードだった様子。

それでも、その後もバスケットボールのゴールにトランポリンを使ってダンクシュートを決めたり、クッションの海に勢いをつけて飛び込んだりと、さまざまなアクティビティーを楽しんでいた。

体験を終えた中川にあらためて振り返ってもらうと、「子供のころなら、怖いもの知らずでもっとバンバン跳んでいたんだろうな。この年になると『急に足がつったらどうしよう』『へりに着地してケガしたら怖いな』って、あれこれ頭を駆け巡るんですよ。経験値が増えると思い切れなくなるんだなって。ふと、そんなことを感じたりもしました」としみじみ。

今回はトランポリンで“スポーツの秋”を過ごしてもらったが、実際の中川はどんな秋を過ごしているのか聞いてみると、「僕は“音楽の秋”ですね。ドラマ『G線上のあなたと私』(TBS系)で、ずっとバイオリンと向き合っているので。ドラマがきっかけで、クラシック音楽も聴くようになりました。朝にかけるとリラックスできて、すごく心地いいんです」と明かしていた。(ザテレビジョン)