Amazon売れ筋ランキングの企業部門と日本文学部門で第1位を獲得したビジネス小説「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」が、勝地涼主演でドラマ化することが分かった。

新春3夜連続ドラマ「破天荒フェニックス」のタイトルで、2020年1月3日(金)〜5日(日)にテレビ朝日系で放送される。

■ 破天荒な新社長が、倒産確実といわれたメガネチェーンの再起を図る

「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」は田中修治による、実話を基にしたビジネス小説。

誰もが「絶対に倒産する」と口をそろえて断言した、大赤字のメガネチェーンを買収した1人の若者が、仲間と力を合わせて絶体絶命のピンチを何度も乗り越え、世界進出するという“ウソのようなホントの話”を描く。

勝地が演じるのは、14億円もの負債を抱え、倒産確実といわれたメガネチェーン「サンデーズ」の再起を図る、破天荒な新社長・田村雄司。

自由過ぎる雄司に振り回されながらも金策に奔走する、元大手銀行勤務の財務会計のプロで雄司の相棒・奥田吉弘役は伊藤淳史。勝地と伊藤は、息の合ったコンビネーションで物語を引っ張っていく。

ほか、女性社員・神戸麻美役を瀧本美織、雄司と常に行動を共にする弟分・松尾秀和役を稲葉友、元大手アパレルのすご腕バイヤーの社員・橋本悟役を丸山智己が務める。

さらに、なぜか雄司にメロメロ(!?)な奥田の妻役・貫地谷しほり、手段を選ばずサンデーズをつぶしにかかる最強のラスボス役・川平慈英といった個性派ぞろいの俳優がドラマを盛り上げる。

脚本を手掛けたのは櫻井智也。そのスピーディーな展開と、生き生きと描かれたキャラクターについて、勝地は「原作と台本を読んで、次から次へと襲い掛かるピンチを乗り越えていく、うそみたいな奇跡のような話があるんだ!と驚きました。また、絶対に諦めず、前を向いて進んでいく、こんな人が本当にいるんだ!とワクワクしました」と話している。

[HEAD勝地涼コメント

今の風潮はちょっと冷めたような人が多い気がするんですけど、この本を読んで“熱く生きたっていいじゃん!”って思えたんです。そんなふうに感じることができた作品に出演できて、うれしかったです。

連続ドラマで主役を演じたことのない僕が、この作品の主役をやらせていただけるなんて、本当にありがたいことだと思いました。

このドラマは、“自分ももっと頑張ろう”という意欲みたいなものが湧いてくる、人と人とが助け合って生きていく大切さを感じられる作品だと思います。ぜひ、皆さんに見ていただきたいです!

■ 「破天荒フェニックス」第1夜あらすじ(2020年1月3日[金]放送)

小さなデザイン会社を経営している田村雄司(勝地涼)はある日突然、倒産寸前のメガネチェーン「サンデーズ」を買収。

メガネ業界ナンバー1を目指して、付き合いの長い弟分・松尾秀和(稲葉友)、口説き落として半ば無理やり仲間に引き入れた元エリート銀行員の奥田吉弘(伊藤淳史)と共に、意気揚々と「サンデーズ」に初出社する。

しかし、そんな雄司らを待ち受けていたのは、冷ややかで反抗的な態度を取る社員たち。

そんな中、雄司は社内でも目立たない席でひっそりと仕事を続ける、神戸麻美(瀧本美織)の作った決算書に目を奪われる。その細やかな気配りと、丁寧な仕事ぶりに才能を感じた雄司は、彼女を社長直属のプロジェクトチームに抜てきする。

こうして新生「サンデーズ」が動き始めた矢先、雄司は突拍子もないことを言い始める。未来の「サンデーズ」を象徴するような新店舗をオープンし、全国の店舗スタッフ、そして本社の社員みんなで商品コンセプトやブランドイメージの認識を統一しようというのだ。

奥田は、売上不振に陥っている店舗の閉店と社員のリストラで大胆なコストカットを図るべきだと主張するが、「人は宝」と考える雄司はリストラを断固拒否。さらに、すでに新しい店舗は契約済みだと宣言し、奥田らは頭を抱えることに。

そんな折、喫煙所で休憩していた雄司は、窓際部長・橋本悟(丸山智己)から「私に商品部を任せてください!」と直談判される。

橋本は前職が大手アパレルのバイヤーで、商品生産のノウハウや業者との交渉にも自信があるという。そんな橋本の熱い思いを受け入れた雄司は、あっさりOK。その場で、橋本を商品部の部長に任命する。

一方、「サンデーズ」を世界一のメガネチェーンにするという目標を掲げ、雄司らが走り始めた矢先、敵対心をむき出しにした営業部長の三上英司(宮崎吐夢)らが辞表をたたきつける。

資金ショートやライバル店からの妨害…。次から次へと襲い掛かってくるピンチを乗り越えて、雄司らはフェニックスのように羽ばたけるのか。(ザテレビジョン)