神尾楓珠と池田エライザがW主演を務めるMBS/TBSドラマイズム「左ききのエレン」の第5話が、MBSで11月17日(日)夜0:50より、TBSでは11月19日(火)夜1:28より放送となる。

広告代理店に勤務するデザイナーで、自らの才能の限界に苦しみながらも、いつか“何者か”になることを夢見る朝倉光一(神尾)と、圧倒的な芸術的才能に恵まれながらも、天才ゆえの苦悩と孤独を抱える山岸エレン(池田)を軸に、クリエーターたちの群像劇を描く。

■ 注目の第5話は――

朝倉光一(神尾楓珠)が、上司の神谷雄介(石崎ひゅーい)のチームに入ってからまもなく1年がたとうとしていた。新CM完成の慰労会後、神谷と光一は、かつて予算3億円をめぐる競合に勝った時のことを思い出していた。光一がこの案件に参加できたのは、今のままの“チーム”として挑みたいという神谷の強い思いがあったようで…。

一方、ニューヨークにいる山岸エレン(池田エライザ)と加藤さゆり(中村ゆりか)の前に突然現れた岸あかり(八木アリサ)は、エレンが描きかけていた絵を見て一蹴する。あかりは、エレンがかつて心の底から“描きたい”と思った人物だった。

■ 池田エライザが“アドリブ”の心境を告白

第5話の放送を前に、原作のかっぴーはSNSで「第一話を試写会で観た時から『よし勝った』と思える出来栄えだったんですが、四話まで一気観した今は若干引いてるというか、原作を食おうとしてる感がすごくて『左ききのエレンと言ったら、漫画じゃなくてドラマだろ』と言わせるくらいの、製作陣の覚悟を感じます」とドラマを絶賛。

また、「劇中に何度も出てくるグラフィティアートの『より優れた作品のみ、上書きする事を許される』という思想、そのものだなと。ドラマ版は、漫画版を上書きしようとしてる。売られた喧嘩は買わないといけない。今度はドラマ関係者が引くくらいの漫画を描くしか無い」と、逆に刺激を受けたことを告白すると、池田が「そこのシーンアドリブする側はドキドキでしたよ、どしよかなあどしよかなあって笑」と撮影の裏側を明かしている。

■ エレン「お前を描かせろ」

公式サイトなどで見ることができる予告動画には、エレン(池田)があかり(八木)に「お前を描かせろ」と、至近距離まで顔を近付けながら迫る場面や、あかりが“誰か”にキスをする場面が。

さらに、「男が女に才能で勝てないんなら、セックスしかないっしょ」というせりふとともに、上半身裸でベッドに座る光一と、光一の傍らであかりがクールにワイングラスを口にする場面などが映し出され、あかりの存在により、物語が動いていくことがうかがえる内容になっている。

視聴者からは「あかりがキスしている相手はまさか光一…!?」「エレンに迫られて、あかりの驚く表情がリアル…」「光一とあかりが大人の関係になるのかな…」などの声が寄せられている。(ザテレビジョン)