11月17日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、安倍晋三首相が先日発表した2020年度の「桜を見る会」の中止について、司会の爆笑問題・太田光が持論を展開した。

これまで2度「桜を見る会」に出席したという爆笑問題の2人。田中裕二が太田にその話題を振ると、太田は「これはもうね、散々ギャーギャー言われてムカついてんですけど」と前置きした上で、「俺が安倍さんの時(桜を見る会に)行った時に、直前に『安倍のバカヤロー』ってラジオで言ったんですよ。

その時は“安倍シンパ”の連中からギャアギャア言われて、その何日か後に桜を見る会行ってツーショットやったら、今度は安倍を許さないって方からギャアギャア言われて。俺、本当に反社(会的勢力)と総理大臣とだけは一緒に写真写るのはやめようと思ったくらい、あれなんだけど」と語りだす。

続けて「結局、意見の合わない人と、誘われて会話もしないって言うことは、俺の中ではないんですよ。なんでバカヤローって言ったかと言うと、その直前に(沖縄県知事の)翁長(雄志)さんがね、当選した時に全部門前払いしたんですよ、自民党がね。

それに対して、意見の合わない奴は会わないなんて幼稚だバカヤローって言ったのに対して、俺は自分もそうだから、自分もそういう思いだから言ったのに、またここでギャアギャアギャアギャア言うでしょ。迷惑でしょうがないんだけど」と語気を強めた。

■ 太田光「来年またやってほしいんだよ」

さらに「だったらこれ(桜を見る会)やめないで、来年また安倍さんやってほしいんだよ俺は。で、また俺を呼んでほしい。

そしたら俺行くから。それで、この番組とか、いろんな所で話したいわけだから。ここでやめちゃうとなんか、俺らがみんな悪いことしたみたいな。

だいたい政治家なんて全員うさん臭いんだからさ。そう俺は思ってるわけだから。自民でも民主でもないわって思うんだけどね」と、「桜を見る会」は安倍首相と話せる良い機会なので、やめないで続けてほしいと訴え、話題を締めくくった。

次回の「サンデー・ジャポン」は11月24日(日)放送予定。(ザテレビジョン)