グラビアを中心に活躍中のタレント平崎里奈が、DVD「Don't Stop Love」(ギルド)発売記念イベントに出席。作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

今作がイメージDVDとしては2作目という平崎。「一番セクシーなのは、“レースニプレス”をやりたいって言っていて、浴衣の下がレースの衣装になっているんですが、これが一番色っぽいのではないかなと思います」と照れながらアピール。

今作では“潜入捜査官”を演じている平崎だが、“潜入捜査官らしい”場面として、冒頭、オープニングの場面を紹介した。

「唯一、潜入捜査官らしいのは、最初のスーツだけですね(笑)」と、ジャケットカットを指さして説明するが、そこにはすでにスーツを脱いでしまっている平崎の姿が写し出されていた。

そんな平崎、今年2019年の活動について「これまで、自分でもやろうと思わなかった…ミスFLASH2020なんですけど。自分でやろうと思ってやってみたりとか、いろいろ成長できたかなという1年でした」と回想。

続けて2020年に関しては「このちょっと成長できたのを、おごらずに着実に基礎をしっかりと…生きていきたいと思います(笑)。

グラビアメインでやりつつ、日本史がすごく好きなので、歴史関係のお仕事をしたり、歌うのも好きなので、声を使うお仕事ができたらうれしいなと思います」と憧れを口にした。

また、取材時に着用していて衣装について「本当はもう一つ悩んでいた水着があって、でもそれはあまり胸が盛れなかったので(笑)、胸重視でこっちにしました」と胸を張っていた。(ザテレビジョン)