11月22日放送の「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(夜8:00-9:48、テレビ朝日系)では、映画「アナと雪の女王2」の公開記念として「アナと雪の女王」名曲特集を放送。

May J.が大ヒット曲「レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜」を特別披露するほか、オラフ役の武内駿輔が「あこがれの夏」を、そして19歳の女性新人アーティスト・中元みずきがテレビ初歌唱の最新曲「イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに」を生披露する。

特に中元は、メジャーデビュー前にも関わらず、この大役に大抜てき。日本版エンドソングを歌うアーティストに新人を起用するのは、ディズニーとしては初めてということもあり、大きな注目が集まっている。

■ May J.楽曲への思いを明かす!

2013年に公開された「アナと雪の女王」でエンドソング「レット・イット・ゴー 〜ありのままで〜」を歌い、日本中にブームを巻き起こしたMay J.。

「いつかディズニー映画のエンドソングが歌えるような歌手になりたいと思っていました。デビューして8年後に、そんな小さな頃からの夢をディズニーさんが本当に叶えてくださり、私にとって人生が大きく変わった瞬間になりました」と当時を振り返る。

また「ライブで歌う時は来てくれた子供たちも必ず一緒に歌ってくれます。私も1人のディズニーファンとして、これからもずっと大切に歌い続けていきたいです」と楽曲への思いを明かした。

■ 「一生忘れられない瞬間になりました」

オファーを受けた瞬間について「とにかくびっくりしました。すぐには気持ちの整理がつかなかったのですが、一生忘れられない瞬間になりました」と中元。「家族もそばでずーっと支えてくれていたので、泣いて喜んでくれました」と振り返った。

また、中元は「『イントゥ・ジ・アンノウン〜心のままに』はエルサの“不安だけど一歩前へ踏み出そう”という感情が込められていて、その気持ちが一番表れているのが最後の部分だと思うので、そこが見どころです!私もこの曲で未知の旅への第一歩を踏み出したので、重なる部分がたくさんあってすごく勇気づけられました」と話した。

初出演となるMステにも「Mステは小さい頃から見ていて、歌手になって出演するのが夢だったので嬉しいです!緊張しますがたくさんの方にこの曲を聴いていただいて、前へ一歩踏み出そうと思ってもらえるように頑張って歌います」と意気込みを語った。

さらに武内もMステに初登場。「母方の家は声楽をやっているので、僕が『ミュージックステーション』さんのような音楽番組に出演させていただけることをうれしく思っているようです。共演させていただくアーティストの皆さまに敬意を払い、恥ずかしくないパフォーマンスを披露できるように努めたいと思います」と意気込んだ。(ザテレビジョン)