横浜DeNAベイスターズの2019年シーズンを振り返る球団公式ドキュメンタリー映像作品「FOR REAL−戻らない瞬間、残されるもの。−」のDVD&Blu-rayが、2020年1月4日(土)に発売。また、全国14カ所の劇場にて、2019年12月20日(金)より順次公開されることが決定した。

チームに1年間密着し、プロ野球の世界に潜む喜怒哀楽を鮮明に映し出した同シリーズは、横浜DeNAベイスターズとして新たに歩みはじめた2012年に「ダグアウトの向こう」として始まって以来、日本スポーツ界異例の取り組みとして、大きな注目を集めてきた。

等身大のプロ野球選手たちの姿を描いた「ダグアウトの向こう」は、2014年に完結。A.ラミレス監督が就任した2016年より、球団公式ドキュメンタリー「FOR REAL」として生まれ変わった。

400時間を超える密着映像の中から、挫折と栄光の狭間で葛藤する選手の心中とチームの真実の姿を詰め込んだ映像作品となっている。

■ あらすじ

Bクラスに終わった2018年の悔しさをかてに、限界を超えると決意した2019年。選手、監督、コーチ、スタッフ、ファン、全員が「一生残る、一瞬のために。」という言葉とともに、一つとなって戦った。

シーズン序盤でどん底の10連敗から、チームを救ったヒーローたちには“今年”にこだわるそれぞれの強い思いがあった。

22年ぶりのセ・リーグ2位まで上り詰め、手の届くところまで見えてきた優勝の二文字を必死でつかみ取ろうともがき苦しむが、あと一歩が届かない。

2019年最後の打席で、キャプテン・筒香嘉智のかみ締めた思いがあふれ出す。もう二度と戻ることのないこの瞬間に、何を伝えようとしたのか。

そして、夢を追いかけた男の背中は力強く押された。残り戦う者たちは何を感じたのか。目まぐるしくかけ抜けた先に、チームは一つの時代の終焉と、新時代への萌芽を感じた。(ザテレビジョン)