成田凌が主演、黒島結菜がヒロインを務める、12月13日(金)公開の映画「カツベン!」メーキング写真が公開された。

■ 成田、黒島が出会いと別れを演じる重要なシーン!

「カツベン!」は、「Shall we ダンス?」(1996年)や「それでもボクはやってない」(2007年)など、数々の名作を世に送り出してきた周防正行監督による、“しゃべりのスペシャリスト”をテーマにした作品。

舞台は今から約100年前、日本では映画が「活動写真」と言われていた時代。その当時、最先端だった映画はサイレントでモノクロだったが、日本人が映画のとりこになったのは、楽士の奏でる音楽と共に独自の“しゃべり”で観客を映画に引き込む「活動弁士」、通称“カツベン”がいたからだった…。

主演の成田やヒロインの黒島に加え、永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、竹野内豊ら、周防組初参加の面々に加え、竹中直人、渡辺えり、小日向文世といった、周防作品おなじみの実力派キャストたちが集結。

彼らが演じる、一癖も二癖もある個性的なキャラクターたちと共に、物語は空前絶後の大騒ぎを見せる極上のエンターテインメントとなっている。

今回、公開されたメーキング写真1枚目は、成田演じる染谷俊太郎が、音尾演じる泥棒・安田を助けようと手を差し伸べるシーン。

実際にトラックを走らせながらの撮影では、手を差し伸べるタイミング、その時の表情などが徹底的に追求された。

綿密に考え込まれたアクションシーンの撮影が、不安定なトラックの荷台で手を差し伸べる成田、走っているトラックに追いつこうとする音尾と、とてもハードだった様子がうかがえる1枚となっている。

2枚目は、本作には欠かせない2人のツーショット。成田のピースと黒島の手を振る様子からは、初々しさと合わせて、かなりの寒さの中での撮影であったにもかかわらず、心から現場を楽しんでいる様子が伝わってくる。

3枚目は、成田と黒島の撮影風景。こちらも真冬の撮影であり、周りのスタッフが上着で身を固める中、成田は薄着で撮影に臨んでいる。

そんな成田は、黒島に対して「かわいらしい人でした。共演していて、すごくやりやすかった」と話し、2人が自然に役に入り込んで演じる様子がうかがえる。

なお、この現場では2人が出会いと別れを演じる特に重要なシーンを撮影。本作ではこのシーンがどのようなカギを握るのか、物語の展開が気になるものとなっている。

■ 映画「カツベン!」ストーリー

一流の活動弁士を夢見る青年・俊太郎は、小さな町の映画館「靑木館」に流れつく。

隣町のライバル映画館に客も、人材も取られて閑古鳥の鳴く靑木館に残ったのは、「人使いの荒い館主夫婦」「傲慢で自信過剰な弁士」「酔っぱらってばかりの弁士」「気難しい職人気質な映写技師」と曲者ぞろい。

雑用ばかり任される俊太郎の前に突如現る、大金を狙う泥棒、泥棒とニセ活動弁士を追う警察、そして幼なじみの初恋相手まで現れ、俊太郎の夢、恋、青春の行方は…。

俊太郎の活弁が響き渡るとき、世紀のエンターテイナーの物語が始まる。(ザテレビジョン)