12月1日深夜の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)で、先週の「若様の贔屓メンバーを決め直そう!1時間スペシャル」で放送されなかった部分を一挙公開。丸々カットされていた敗者復活戦の大喜利では、最年少メンバー上村ひなのが爆笑珍回答を連発した。

その場面は、決勝進出を懸けた大喜利バトル。「とある芸人ランキングで若林がダントツ1位を獲得 さてどんなランキング?」というお題に、上村は「◯カバヤシ(といえば)」と回答。

この上村ワールド全開の斬新な切り口に、若林も他のメンバーも大ウケで、相方の春日俊彰も「そりゃ1位だわ!」とうれしそうにツッコんでいた。

さらに上村は「人気実力ともに若林と同格の有名人は?」というお題に対しても、「上沼恵美子さん」と破壊力抜群の回答を放った。

これには、若林もすぐに立ち上がり、上村のフリップを指差しながら「すぐに消しなさい!」と注意。

さらに若林は、上村の回答を見て調子に乗り「上村くん、それ正解だから!」とはやし立てる春日をビンタで制裁し、「俺の名前でネットニュースになるんだから」と注意した。

そして3つ目の「若林のテンションが少し上がる一言を言ってあげてください」というお題では、番組内で「若林さんにハマりたい」と猛アピールしていた加藤史帆が「ラヴ」と回答して若林を少しニヤケさせた直後に、上村は「ヘイ!」と続けた。

この上村の抜群のタイミングとセンスには、春日と、進行を担当するハマカーン浜谷健司の二人は手をたたいて笑いながら感心していた。

若林も「上村すごいな」「じきに見つかるだろうな、忙しくなるぞ〜」と、15歳の上村の潜在能力を絶賛していた。

SNS上でも「ひなのやっぱり天才だわwww」「ひなの流石にセンスありすぎ」「ぶっ飛んでる15歳w」「ひなのなの、IPPONグランプリに出て欲しい」「上村ひなのが世間に見つかるのも時間の問題だねぇ」と盛り上がっていた。

次回の「日向坂で会いましょう」は、12月8日(日)深夜放送。「こんなに言っちゃっていいの?ひなたのカミングアウト前半戦」をオンエア予定。(ザテレビジョン)