フリーアナウンサーの宇賀なつみと女優の夏菜が12月5日、東京ビッグサイトにて開催された「スクウェア・エニックス新コンテンツお披露目会」に出席。

黒いロングドレスで登場した宇賀。経験した信じられない出来事はあるか聞かれ「テレビ朝日を退社して、フリーランスになって毎日がファンタジーだった。偶然の出会いからお仕事につながったり、一人一人味方を増やして、一つ一つアイテムを増やしていく感覚がまさにロールプレイングゲーム」と今年3月末にフリーランスに転向してからの日々を語った。

夏菜は「コーヒーマシーンが突然動き出して、誰も触ってないのにお湯がバーッて出るって現象がありまして…」とイベント前に待機していたロケバス内でのハプニングを笑顔で紹介。

イベント前に新コンテンツ「CRYSTAL STORY」をプレイしたという宇賀は「現実を忘れますね。幻想的な雰囲気で、明かりが綺麗に差し込んできて、とにかく楽しんでいただきたたいです」とゲームの感想をコメント。

「日々忙しい皆さんに楽しんでほしいと思います」と魅力をアピールしイベントを締めくくった。

テーマパークやショッピングモール、イベントスペースなど向けのロケーションのエンターテインメントを作ることを目的に設立されたスクウェア・エニックス社のプロジェクト「ライブインタラクティブワークス(LIW)」は、今回「CRYSTAL STORY」と「YOKERO」の2つのコンテンツをお披露目。

「CRYSTAL STORY」は、イルミネーションやサウンド、映像によるデジタルアート空間が彩るファンタジーな世界を楽しめるゲーム。

「YOKERO」は、9m×5mのLEDフロア上に映る障害物を回避する次世代アトラクションとなっている。(ザテレビジョン)