12月5日(木)の「冒険発掘バラエティ 霜降り明星のあてみなげ」(毎週木曜夜0:20-0:50、静岡朝日テレビ)では、“掛川城の一芸忍者たちと三番勝負”を放送する。

毎月第1、第3日曜日の「忍者の日」に、忍びがその姿を現すという掛川城(静岡県掛川市)で、3人の一芸忍者が霜降り明星を迎え撃つ。 

ロケがスタートし城内を歩いていると、粗品が「いやいやいや、おるもん」と一言。

隠れているつもりなのだろうか、木陰から体が半分はみ出してしまっている第1の刺客・加茂光廣(カモ・ミツヒロ)さんが登場する。実はこの人、葉っぱを使って曲を奏でる草笛演奏家。

ここで「忍法 草笛ドン!!」という第1の試練が霜降りに課される。これは、加茂さんが初めて聴く曲を即興で演奏し、その曲が何かを当てる早押しクイズ。

クリアできれば、秘伝の一芸・草笛が伝授されるのだが、かなりの難易度で苦戦する。

■ せいや「最後のすごかったなぁ」

続いて第2の刺客は、パンプスを履いて登場したパンプス忍者の谷口彩(タニグチ・アヤ)さん。静岡市内の傘専門店に勤務していることもあり、傘が開く音を聞くだけでどの種類か分かる「利き傘」の名人でもある。

ここでは、聴覚を使った「忍法 相方足音クイズ」という試練が与えられる。

霜降り明星の1人、宮崎玲衣アナ、加茂さんの3人の足音から、どれが相方の足音かを当てるクイズに挑戦する。

そして最後の刺客は、マジシャンのKISSERさん。ここでの試練は、3枚のカードから1枚だけあるハートのエースを当てる「忍法 スリーカードモンテ」。

この試練をクリアした方にマジックが1つ伝授される。これを聞いたせいやは「めっちゃやりたい、これは!」と身を乗り出すが、見事クリアできるのか。

ロケ後、せいやは「最後の(一芸)すごかったなぁ」と驚いた様子で、粗品も「静岡の方たちと触れ合えるのはやっぱいいですよね」と笑顔を見せた。

さらにせいやは「一芸持ってる方どんどん、やりましょう、また」と呼び掛け、粗品も「一芸忍者、これ面白かった!」とコメントした。(ザテレビジョン)