フェイスマスクブランド「ルルルン」が贈る、フェイスマスク「ルルルン年賀状」を発表。ルルルンアンバサダーとして日向坂46が就任した。

本商品は「ルルルン」1枚入りのパッケージを年賀状に見立て、表面には住所を、裏面には自由にイラストやメッセージを書くことができるデザインとなっており、郵便物として送付が可能という“送れるフェイスマスク”。

各メンバ―に宛てたルルルン年賀状を書いたアンバサダーの日向坂46。

小坂菜緒に宛てて年賀状を書いた加藤史帆は「どんな思いを込めて年賀状を書きましたか」という問に対して「2019年は一気に距離が縮まったが、一緒に出掛けることはできなかったので、今年は一緒にお出かけしたいな、という気持ちを込めて書きました」とコメント。

「最近はメールやSNS等で年賀状の代わりにメッセージ、スタンプを送る」という声が多く聞かれた日向坂46メンバーだったが、文字やイラストでたくさんのメッセージを記入し、久しぶりの年賀状書きを楽しんだ様子。

「(フェイスマスクは)女性はスキンケアでよく使うアイテムだと思うので、もらったらすごくうれしいのではないかと思います!」と、小坂もフェイスマスクを年賀状として送れるということに、驚きを見せた。

加藤は「美意識の高い女友達に送りたいです」と、実際に送ることをイメージして、「ルルルン年賀状」の感想を語った。また、年賀状にまつわるエピソードを聞かれた金村美玖さんは「小学生中学年頃までは毎年送っていました。友達の個性が出てくるので、いっぱいもらうとうれしかったです。それから、年賀はがきの当選番号をお兄ちゃんと探すのが楽しかったです!」と思い出を語った。

また、特設サイトや公式ツイッターでは、日向坂46オリジナルポスタープレゼントキャンペーンなどを展開している。

■ 加藤史帆「今年は一緒にお出かけしたいな、という気持ちを込めて書きました」

■ 小坂菜緒「スキンケアでよく使うアイテムなので、もらったらすごくうれしい」

△加藤史帆から小坂菜緒へ

△金村美玖から丹生明里へ

△東村芽依から高本彩花へ

△丹生明里から金村美玖へ

△高本彩花から東村芽依へ(ザテレビジョン)