12月8日深夜の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京)は、「こんなに言っちゃっていいの?」企画の前半戦。日向坂46メンバーが自らカミングアウト動画を撮影して、今まで隠していた秘密を告白した。

齊藤京子は告白動画で、たこ焼きを食べながらカメラに向かって、「実はめいめい(東村芽依)の前では女になっちゃう」とカミングアウト。

若林正恭から「どういうことなの?」と尋ねられた齊藤は、「しゃべり方とかが変わっちゃうんだと思います」と、東村の前では乙女になってしまうことを明かした。

この齊藤の告白に異議を唱えたのが隣に座っていた加藤史帆。加藤は「一緒にお出掛けした時とか、キャップのつばを後ろにして、2日間くらいカツオみたいだった」と、舞台「サザエさん」でワカメちゃん役を演じていた齊藤をイジった。

それを聞いた若林が「帽子のつばを後ろは、東村と遊ぶとしたらできない?」と確認すると、齊藤は「しないです。メークもちゃんとします」と即答。

すると今度は渡邉美穂が「私は『こっち見んなよ!』って言われる」と、齊藤にひどい扱いをされていることを笑いながら暴露した。

そこで実際に、東村と渡邉に対する齊藤の振る舞いをスタジオのベンチで検証することに。

齊藤は、東村には「すぅきぃ(好き)…一緒にいてくれる?」と甘えるのに対し、渡邉には「はぁ、見てんじゃねぇよ!」と低いドスの効いた声で威嚇してみせた。これにはスタジオのメンバー、MCオードリーも大爆笑だった。

SNS上でも「二期、三期にはお姉さんの姿見せたくて怒る京子www」「きょんこ、やりすぎwww」「齊藤京子は色んな顔持ってておもしろいな」「渡邉美穂ちゃんに対する阿修羅対応酷過ぎて草」と盛り上がっていた。

次回の「日向坂で会いましょう」は、12月15日(日)深夜放送。「こんなに言っちゃっていいの?ひなたのカミングアウト後半戦」をオンエア予定。(ザテレビジョン)