12月15日深夜に放送された「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)で、日向坂46キャプテン佐々木久美が意外な“特技”を披露。だがその一方、体にある異変が生じる事態となった。

この日の放送は、先週に引き続き「こんなに言っちゃっていいの?ひなたのカミングアウト」の後半戦。

メンバーそれぞれが自ら撮影した告白動画の中で、これまで隠していた秘密をカミングアウトした。

佐々木久美は「ヒップホップにハマっちゃって、ラップができるようになりたかったんですよ。でもできなくて、既存の曲をラップで歌うことにして…それが告白です」と、やや元気のなさそうな表情で明かした。

早速スタジオでは佐々木久美による「こんなに好きになっちゃっていいの?」(ラップアレンジver.)が披露された。

バラード調のイントロが流れてくるや否や、佐々木久美は「yeah〜」「oh〜」とノリノリに。これにはメンバーも大爆笑。

見事にやりきった佐々木久美に対して若林正恭は「3次会のカラオケじゃねぇか!」と即座にツッコミ。

すると佐々木久美は「このこと(ラップを披露すること)考えてたら、今日収録で全然本領発揮できなくて…」と意外な心境を告白。

そんな異変にいち早く気付いたのが大親友の加藤史帆。加藤は「ずっとキャプテン唇の色ないなと…」と指摘。

さらに加藤は「握手会で『ドレミソラシド』をラップ調に歌って練習してたんですよ」と暴露。そんなリクエスト(?)を受け、今度は「ドレミソラシド」(アカペララップver.)を披露していた。

ネット上では「元気なさそうだったのはこのラップ披露が原因か」「久美さん好きすぎる」「まじかわいい」「今夜1番笑った」「久美ちゃんのラップ最高」「さすがキャプテン」など、大反響が寄せられていた。

「日向坂で会いましょう」、次回の放送は12月22日(日)深夜。「日向坂名言大賞を決めましょう!」をオンエア予定。(ザテレビジョン)