千鳥がMCを務める「チャンスの時間」(毎週水曜夜11:00-0:00、 AbemaSPECIAL)の12月25日(水)放送回では、アルコ&ピースが先生として登場。“SNSを一切やっていない”という、時代遅れな大悟にTwitterを始めさせる企画「大悟Twitter始動プロジェクト!」を実施する。

大悟は、番組の新たな挑戦となる企画に対して、「面倒くさそう」「どう見てええんかが分からん」「怖ない?知らんやつまで見んねやろ?」と、しぶしぶ感満載でまったくやる気を見せない。

そこを先生として登場したアルコ&ピースの平子祐希に「Twitterをやってないことがカッコいいと思ってますよね?」と恥ずかしい指摘をされて思わず苦笑い。

それでもなお、「今の大悟がいいんです」「『時代遅れ』っていう歌が好きだったりします」と食い下がる大悟に、平子は「停滞って後退なんだよね」「まわりが進んでるから結果、下がってんのよ」などと、次々と名言をさく裂させていく。

そして、アルコ&ピースの2人やノブに教わりながら、“Twitterとは?”という基礎を学んだところで、いよいよ大悟のアカウントを作成するところから挑戦がスタートするのだが……。

Twitterを知らなさすぎて、終始パニック気味の大悟に、ノブも「いいねん、説明するの面倒くさい」と、さじを投げる始末。大悟のTwitter降臨に、ファンの反応も気になるところだ。

また、番組冒頭では、12月30日(月)に40歳の誕生日を迎えるノブをお祝いすることに。

進行の西澤由夏アナウンサーから、「スタッフがノブさんに『会いたい人はいますか?』というアンケートをしたのを覚えていますか?」と問われたノブは、“会いたい人”として、Mr.Childrenの桜井和寿、「全裸監督」で黒木香役を演じた森田望智、女優の米倉涼子などを挙げていく。(ザテレビジョン)