稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が、2020年1月2日(木)放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?行くぞ!令和最初のお正月は“伊勢神宮”!関宿から松阪、鳥羽、志摩おめでたスポット巡る158キロ!ですがひぇ〜吾郎ちゃんにつよぽんも慎吾ちゃんもハチャメチャすぎてヤバいよヤバいよ!新春3時間SP」(昼5:55-夜9:00、テレビ東京系)にゲストライダーとして出演。

放送を前にロケ写真が公開され、さらに出川哲朗が3人とのロケを振り返った。

■ お母さんの言葉に、香取慎吾と出川哲朗は大爆笑

稲垣、草なぎ、香取がテレビ東京で“単独ロケ”をするのは、「愛ラブSMAP!」(1991-1996年)以来、23年ぶり。3人は出川と共に、香取→草なぎ→稲垣の順で、数珠繋きのバイク旅を行う。

番組は、三重・関宿のそばにある観音山公園のつり橋からスタート。電動バイクで走り出した出川と熊谷Dは、人気の“ホルモン味噌焼きうどん”の名店「びっくりや」の前で、1人目のゲストライダー・香取と合流する。

関宿を抜け、しばらく走ると熊谷Dと出川の充電が0%となり、1人残された香取が充電させてもらえる場所を探しにいくことに。香取が民家をピンポンすると、出てきたのは「今、天ぷら揚げてて、手が…」というお母さん。

突然の訪問に驚きを隠せないお母さんは、香取の「充電と、もし良ければ今揚げている天ぷらも頂ければ(笑)」という頼みを快諾。充電させてもらい、揚げたての天ぷらに香取は大満足。

出川と香取の飾らない姿に、大感激のお父さんとお母さん。充電させてもらったお礼を何かしたいと香取が話すと、お母さんに「あ、そっか。充電する間、間が持たない?」と言われ、出川と香取は苦笑。さらに、お母さんの「じゃ、トランプしましょうか?」という発言に、2人は大爆笑だった。

■ 草なぎ剛&出川哲朗、ベストジーニスト賞同士の共演!

翌日、またもや1人で充電交渉することになった香取。一軒の民家にお邪魔し、充電させてもらっているとインターフォンが鳴る。家の中にあるインターフォンの映像をお母さんが覗き込むと、そこには「すみません! 勝手に慎吾ちゃんがお邪魔しちゃって」というスイカヘルメット姿の2人目のゲストライダー・草なぎが。

バイクで走り出した2人はジーンズの話題になり、「剛くん、俺、ベストジーニスト賞!」という出川を、草なぎは「あぁ! おめでとうおめでとう! 今年そうだったね!」と祝福。

「ベースジーニストっつたらねぇ、草なぎくんのイメージがでかいから!」「俺が取るなんて夢にも思わなかったからさ」と話す出川に、草なぎが「やっぱ、時代は変わりますね」と返し、全員で爆笑する。

この日、草なぎがはいていたジーンズは1940年代の超希少なデッドストック。第二次大戦中に製造された“大戦モデル”と言われる、知る人ぞ知るヴィンテージで、出川はその値段に衝撃を受ける。

そして、2人はベストジーニスト賞同士でジーンズを指差し、ちょっと貴重な記念写真を撮影した。

■ ジュゴンがいる水族館で大興奮の草なぎ剛&稲垣吾郎

翌朝、鳥羽に向けて出発。オススメと聞いていた水族館を見つけると、スイカヘルメットをかぶっている稲垣と合流する。

稲垣が「そもそも、ここに来たかったの。(この鳥羽水族館に)ジュゴンがいる!」と意外な一面を見せ、出川、草なぎ、熊谷Dと共に水族館の中へ。鳥羽水族館は日本で唯一、ジュゴンがいる水族館で、世界的に見ても鳥羽水族館とシドニーの2つしかないとのこと。

4人で水族館を周っていると、アロワナを発見して大興奮の稲垣が「古代魚、古代魚! これ、氷河期乗り切った魚ですからね」と話す。草なぎの「このサイズはないもんね。ヤバイよ」という言葉に、稲垣は「ないないない」と同調。

ジュゴンと関係なく出てくる2人の知識に、出川は「すげー詳しいね、2人とも!」と驚く。

また、「ピラルクじゃん」と世界最大級の淡水魚を見つけると、草なぎが「肺を持ってんだ、あれ」「ピラルク肺を持ってんの。陸にね、ちょっと上がっていったわけよ」とウンチクを披露。「詳しいねっ!!」という稲垣と共に、ジュゴンの美しさに目を輝かせる。

一通り見終わり、草なぎは「なんか、たまにくるといいっすね、やっぱり」と満足そう。「そうだね!」(稲垣)、「童心に帰るっていうか。なんか、いいよね」(草なぎ)、「いいよ、いいよ」(稲垣)と笑顔を見せる。そんな話をする2人を見て、出川は「良かった〜、2人が超満喫してくれて」と喜ぶ。

その後、草なぎに見送られ、稲垣、出川、熊谷Dがバイクで出発。朝ごはんを食べるところを探すことに。うなぎ屋さんを見つけ、出川が見守る中、稲垣は渋々1人で充電の交渉へ。見事成功した稲垣は「意外と社交的でしょ?」と笑顔を見せ、うなぎも食べて「これはおいしい」とご満悦だった。

■ 出川哲朗コメント

普通に楽しかった。3人のマイペースぶりが変わってなかったので、本当にすごいなと思いました。久々に会っても、気負ってたりとか、力んでないのがすごい。全然変わってない。

香取くんなんて、松阪牛を食べたお店に「おじゃMAP!!」(2012-2018年、フジテレビ系)で来ていたのに、それさえ忘れてるとか、そういうところはすごいなと思う。

剛くんは、「『ぷっ』すま」(1998年-2018年、テレビ朝日系)で(出川の)ポルシェで仮免の練習したのなんてすっかり忘れてたけど、「そんなのやらされたわ〜」って思い出しましたね。

香取くんも剛くんも番組で共演してて、今度は2人に出てもらえるなんて信じられない。何より自分の冠番組に出てくれて、本当にうれしい。

ホント、香取くん、剛くん、吾郎ちゃんの3人が自分の“冠番組”に出てくれるなんて信じられない。だって20年前、誰が想像したと思います? 誰1人、想像しなかったと思う。タイムマシーンで戻って、「想像できます?」って聞いても、そんなことあり得ないって!って怒られるくらいのスーパースターだから。

信じられない。こんなうれしいことない、うれしいとしか言いようがないですね。ベストジーニスト賞も、まさか決して交わることないって思ってたけど、番組のおかげで獲れたし、剛くんと2人でツーショットも撮れてうれしかった。

吾郎ちゃんは、ぶっちゃけ心配しかなかった。ヘルメット取ったら、30分くらいメイク直しするって(2人に)言われて心配してたけど、それだけ嫌がっていたことをやってくれた“その心意気”が、すごいうれしかった。

ほとんど、ちゃんと喋ったことなかったから、もうちょっとギクシャクすると思ったけど、本当吾郎ちゃん大丈夫って言うと失礼だけど、大丈夫でしたね。

だた、香取くんも剛くんも「ロケが長い」って言ってた。「え? ごはん食べた後、まだ走るの?」って。でも、剛くんが「出川さんとだから、楽しいからいいけどね」って言ってくれた…その言葉には救われました。(ザテレビジョン)