MBSでは1月5日(日)深夜より、TBSでは1月7日(火)深夜よりスタートするMBS/TBSドラマイズム「SEDAI WARS」。

同作で主演を務める山田裕貴にインタビューを行い、撮影現場でのエピソード、作品の見どころなどについて話を聞いた。

同作は、近未来の日本を舞台に、時の内閣総理大臣に代わって日本を治める大統領を決める“SEDAI WARS”出場者である“SEDAI(セダイ)”に選ばれた主人公の活躍を描く痛快アクションドラマ。山田は、「自身のキャリア史上、最もさえない」というゆとり世代の男子・柏木悟を演じる。

悟(山田)とともに、団塊・バブル・ロスジェネ・ゆとり・ミレニアル、5つの世代の代表者「SEDAI」たちが、VR空間のバトルロイヤル・“SEDAI WARS”に参戦する。その「SEDAI」を西岡德馬、鈴木正幸、岡田浩暉、横山めぐみ、真飛聖、出合正幸、奥山かずさ、浅川梨奈、池田優斗が演じる。さらに、“SEDAI WARS”の仕掛け人である総理大臣役として、大友康平が出演する。

――脱力系でナヨナヨとした性格の主人公・柏木悟を演じてみていかがですか?

悟は、僕が演じた役の中で一番さえない役です。でも、人を悪いとも思わず、誰にでも平等に接することのできる悟の心根の良さが世界を変えるという流れになっていくと思います。

僕は、仕事関係で関わる方、友人、恋人、人とのつながりで一番大切なのは外見の良さではなく、人の心だと思っているので、今回はわざと格好悪く演じました。自分のこと格好いいって言ってるわけじゃないですよ(笑)。

アクションドラマですが、アクション以外のストーリーも見ていただいて、その中で何を受け取ってもらえるかが重要になってくると思います。

――今回、VR空間でのアクションになりますが、これまで出演された作品でのアクションとの違いはありましたか?

僕はとにかく逃げてるんで、戦ってないんです(笑)。必殺技を受ける場面もありますが、僕はデビュー作(「海賊戦隊ゴーカイジャー」)でよく必殺技をかけられて倒れたりしていて、一度経験しているのでイメージしやすかったです。

あと、「普通の男の子がいきなり蹴られたらどんな顔するんだろう?」とか考えながら、「リアリティー」を追い求めながら演じました。

今回、VR空間での対戦なので、それぞれの世代のコスチュームに変身したり、身体能力が上がっていったり、世代を象徴する必殺技を使ったりと、「普通」じゃできない対戦ができるという面白さもあります。

――ご自身の世代「ゆとり世代」についてどう思いますか?

(キリっとした表情で)僕、全然“ゆとって”ないんで。自分でやるって決めたことは最後までやる。「このまま流れで生きていけばいいじゃん」なんて思ったことないですし、人に任せようとかも思ったことないので、僕は「ゆとり世代」じゃないです!

――いろいろな世代の方との共演はいかがですか?

西岡さんが「撮影が早く終わったらゴルフに行きたい」って仰っているのを聞くと、「世代だな〜!」って思って。いろんな世代の方とお話しできて、すごく楽しかったですね。

――そんな撮影現場での面白かったエピソードはありますか?

「ロスジェネ世代」を演じる出合さんが、アクションの途中で気合を入れるシーンがあるんですが、普通、気合を入れる時は「うおー!」「はぁっ!」とかじゃないですか。でも、「やーーーい!」(高い声)って言って(笑)、現場で大爆笑しました。

「SEDAI WARS」の撮影の直前まで、「なつぞら」、「HiGH&LOW」や映画の撮影など、いろいろとシリアスな役を演じることが多かったので、「SEDAI WARS」は良い意味で休憩しているくらいの感じで、あまり考え込まずにその場の感覚で演技ができたことが良かったと思います。

――今回、同時期に2作品のドラマの主演を務めることが話題になっています。もう一作品のドラマ特区「ホームルーム」では、女子生徒を狂愛するド変態ストーカー教師・愛田凛太郎を演じますよね?

アドリブなのか、演技なのか演技じゃないのか分からない部分が自分の強みだと思っていて。「本当にこの人こうなんじゃないか…?」って思ってもらえるような変態性が出ていると思います。ポリシーとして、「演技にしない」っていうことをずっとやってきたんです。「僕の中にそういう部分もあるのかもしれない」という部分を引き出して演じている感じです。

――俳優としての2020年はどんな1年にしたいですか?

周りから言われる「すごいね」というのと、僕の気持ちの満足度が全然違くて。もっと話題の男にならなくてはと思います。

18歳の時に書いたノートに“28歳で「アカデミー賞」を取る”と書いてあったけど、僕の中でまだまだなんです。漠然としますけど、確かなものにできたらいいなと思っています。「もう超えちゃってるな…、そんなに甘くないな」とも思ってます。

でも、「できる」と思ってやってきたからここまでやってこられたので、これをどう広げられるかだと思っています。

2019年、いろいろとお仕事をさせていただく中で、お芝居だけじゃなく人との関わり方や、僕には人を変える力、愛される力があるのかもしれないということを信じさせてもらった現場が多かったんです。

それを演技だったり、人物として魅せることで、皆さんの頭や心に残る人にならないと30代以降はきついだろうなと思っているので、油断しないようにしていたいです。

■ 「SEDAI WARS」あらすじ

近未来の日本。移りゆく時代の中、国民の間で、世代間のわだかまりと不満が充満し、社会の機能が著しく低下。経済は衰退し、崩壊の一途を辿っていた…。

焼け跡、団塊、バブル、ロスジェネ、ゆとり、ミレニアル…。各世代が、不幸と不運を全て他の世代のせいにして生きている。それが当然の事となり、人々は誰かを信じる気持ちを、思いやりを失った。

そんな中、時の総理大臣・安藤直樹は、日本の時代をどの世代に委ねるのかをバトルで決める大統領決戦「SEDAI WRAS」の開催を宣言。

SEDAI WARS出場者である「SEDAI(セダイ)」に選ばれたゆとり世代の主人公・柏木悟(山田)は、各世代の思いが渦巻く戦いに、流されるがまま参加する。(ザテレビジョン)