12月30日放送の「有田教授と令和時代の憂鬱な民」(日本テレビ系)にいとうあさこ、岡田サリオがゲスト出演し、“ダメ男”との過去の交際について明かす場面があった。

この番組では、有田哲平(くりぃむしちゅー)が教授役となって、独身女性に向けて“人生を豊かにする方法”を解説。恋愛や結婚にまつわるトーク中、かつてダンサーと付き合っていたという岡田は「誕生日のプレゼントが駄菓子の詰め合わせだったり、私がプレゼントした物がフリマサイトで売られてたり」と、交際していた頃の思い出話を披露。

いとうは「ひどいね!?」と声を上げるが、自身の“ダメ男”遍歴について聞かれると、「歴代の方が借金取りに追われて、怖い人が私に取り立てに来るなんてことはすごくあった」と、岡田よりもヘビーな体験を打ち明ける。

周囲のゲストたちが若干引き気味で聞いていると、いとうは笑いながら「私の男たちは“ダメ男”じゃないです。みんな優しかった」と宣言していた。

放送終了後のSNS上には「ダメンズ好きな女性はそういう男に甘すぎる! もっと厳しく接しないと」「優しかったって言うけど、優しさしか取り柄がないのが“ダメ男”って気がする」といったコメントが寄せられていた。(ザテレビジョン)