1月2日(木)に放送された「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」(TBS系) で、主演の綾瀬はるかが絵を描いたお腹を見せて踊る「腹芸」を披露した。

“ぎぼむす”と呼ばれて愛された2018年の連続ドラマで初披露された「腹芸」は、もはや綾瀬はるかの“鉄板ギャグ”。振り切った演技に視聴者は「女優魂に脱帽」「出た!腹芸!大好き」「お正月からいいもの見たwwありがとう」などと喜びの声を上げた。(以下、ネタバレが含まれます)

■ 赤ちゃんとのドタバタな暮らしが描かれた

「義母と娘のブルース」は、キャリアウーマンの亜希子(綾瀬はるか)が、8歳の娘を持つ男性・良一(竹野内豊)に突然プロポーズされ、結婚してからの10年間の日々を描いた物語。

今回放送のスペシャルドラマは、連続ドラマの1年後がオリジナルストーリーで描かれた。

義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。

大手コンサルタント会社でバリバリに活躍していた亜希子だが、突然クビを宣告され帰京することになり、久しぶりにみゆきのアパートを訪れた。すると、ベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で赤ちゃんを抱いていた!

麦田宛てに「この子はあなたの子です」と手紙が添えられていた赤ちゃん。本当の親が見つかるまで、亜希子たちは赤ちゃんの面倒を見ることになった。

■ 笑いと社会問題を温かく描く“ぎぼむす”

堂々とした“上司顔”であることから「専務」と呼ばれることになった赤ちゃんの可愛さに、亜希子はメロメロ!視聴者も「専務、演技めちゃめちゃうまい!」「まぁ可愛い赤ちゃんだこと」とハートを射抜かれた。

そして、専務のご機嫌を取るために「亜希子の腹芸ご覧あれ」と2度も披露した綾瀬はるかの「腹芸」は、爆笑を誘った。ワンオペ育児に疲弊した本当の父親(高岡蒼佑)の元に専務を引き渡す際に見せた「腹芸」の場面には「ピヨピヨのお腹に泣かされた…」「虐待は『資質ではなく環境』って、本当にそう」「父子家庭の苦労を世に知らせてくれた」との声が集まり、作品としての奥深さも象徴するシーンになっていた。

「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」は、民放公式TVポータルサイト「Tver」でもう一度見ることができる。そして「Paravi」では、出演男性3人のオリジナルドラマが3夜連続で配信されるほか、1月5日(日)からはディレクターズカット版も配信される。(ザテレビジョン)