「2017日本レースクイーン大賞グランプリ」、またグラビアアイドルとしても活動する阿久津真央が、DVD「お願い!まお先生〜先生って呼ばんといて〜」(ラインコミュニケーションズ)発売記念イベントに出席。囲み取材に応じた阿久津が、作品の見どころの他、今後の目標などを語った。

印象的なシーンの一つに、浜辺でのシーンを挙げた。「最後のシーンなんですけど、ちょうど夕日が沈むいい時間帯に撮影ができて。

そのシーンに合わせて、『表情は切ない感じでお願いします』と監督さんから言われて。その夕日と表情がマッチしているなと思います。お気に入りですね」と笑顔をのぞかせた。

また、作品全体を通して一番セクシーだと思うシーンに関しては「やっぱりガーター(笑)。黒の衣装で誘惑して(笑)。でもこれは妄想の世界で、胸がこぼれ落ちそうな感じのぎりぎりの衣装で。

おしりもチャームポイントなんですけど、おしりもきれいに見えるシーンです。ナチュラルなメークでずっといたんですけど、このベッドの妄想シーンだけ赤リップ塗ってもらったりとか、ラインも強く入れてもらったりして大人な“まお先生”が現れます」とアピールした。

そんな中、2020年の目標について阿久津は「写真集とカレンダーを発売したことがまだないので、それを目標に。あと雑誌の表紙も目標にしてグラビア活動を本格的に頑張りたいなと思います」と意欲をのぞかせた。

今作は阿久津にとっておよそ1年半ぶりとなる2作目のイメージDVDということだが、“復帰”することになったきっかけについて「ずっとグラビア活動はしたかったんですけど、1年半の間にSNSとかを更新してて、『DVD2本目待ってます』という応援してくださる声もあって、もう1回再スタートしたいなと思いました」とファンの後押しが大きかったことを明かしていた。(ザテレビジョン)