1月13日(月)に、千原ジュニア主演ドラマ「新・ミナミの帝王」のシリーズ第18作「バイトテロの誘惑」(昼3:20-4:45、カンテレ)が放送される。

本作は、原作・天王寺大、萬画・郷力也の漫画「ミナミの帝王」(週刊漫画ゴラク連載中)の実写化で、2010年の放送スタートから10年目を迎える。

千原演じる大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎は、借金はどんな手を使ってでも取り立てることから、貸し倒れ(貸した金を回収できなくなること)にあったことがなく、“ミナミの鬼”と恐れられている。本作では、そんな銀次郎が、依頼人が借金せざるを得なくなった問題に切り込んでいく姿を描く。

「バイトテロの誘惑」というテーマは、千原の発案によるもので、元外交官で作家の佐藤優氏との雑誌のツーショット対談の際に出た話を基にドラマ化された。

バイトテロとは、主に飲食店や小売店の従業員が撮影した不適切な動画や画像がSNSに投稿されて炎上につながる現象で、店舗や企業が多大な被害を受ける。

物語は、銀次郎(千原)の顧客がバイトテロの被害に遭うところから始まる。喫茶店チェーンを営む北川(福田転球)は、客に出すコーヒーにアルバイト店員が悪ふざけでいたずらをする動画がネットに投稿され、やがて倒産にまで追い込まれてしまう。

一方、お好み焼き配達のバイトをする学生・中山(森優作)は、過去に無理やり参加させられたバイトテロ動画を公開されたくなかったら金を払えと、ある組織から恐喝されていた。中山は銀次郎から金を借りて支払うが、脅迫はさらにエスカレートしていく。銀次郎は、バイトテロ動画を使って金をゆすり取っていた組織の存在を突き止め、その悪質な手法を逆手にとって巧妙な罠を仕掛ける。

本作では、バイトテロが単なる従業員の悪ふざけにとどまらず、企業やバイトテロを犯した人物への恐喝事件へとつながり、さらには株の操作と組み合わせた組織的な経済犯罪にも発展する可能性をリアルに描いている。

■ 千原ジュニアコメント

千原は、テーマを思いついた経緯について「バイトテロって、ちょけた大学生とかフリーターのバイトがやってるだけなのか?と思ったんですよね。実はそれを利用して株式操作で儲けてる黒幕がいるんちゃうかなって思いまして。そんな話を佐藤さんとしたのをスタッフが読んでドラマになったんです。役者とは別にギャランティーをいただかないとね(笑)」とコメント。

そして、「手を伸ばしたらそこにあるような、誰が巻き込まれてもおかしくない事件を描いていて見やすいと思います」とみどころをアピールした。

■ 第18作「バイトテロの誘惑」あらすじ

大阪ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)の顧客で、喫茶店チェーンを営む北川(福田転球)の店がバイトテロの被害に遭った。客に出すコーヒーにアルバイト店員が悪ふざけでいたずらをする動画がネットに投稿されたのだ。銀次郎のもとで働く偽造屋の矢倉紅(小芝風花)は、プロが関与しているとしか思えない動画の巧みな編集に不審を抱く。

一方、銀次郎の弟分・坂上竜一(大東駿介)は、大学生の中山祐也(森優作)と知り合う。中山はアルバイトで学費を稼ぐ真面目な青年で、来春の卒業後には大手銀行への就職が内定していた。そんな中山に、あやしい髑髏(どくろ)の指輪をつけた謎の女・森吉ツバキ(内田慈)が目をつけて…。

そんな折、銀次郎は易者(升毅)から、かつて世間を震撼(しんかん)させた恐喝事件の実行犯「髑髏の女」の孫を名乗る人物が、ミナミに現れたとの情報を得る。

26年前、店頭のおもちゃを爆発させると脅迫状を送りつけた犯人グループが、玩具小売チェーンに莫大な金を要求。各地の店舗に次々と爆弾を仕掛け、日本中を混乱の渦に巻き込むという事件が起きた。その後、犯人グループはこつ然と姿を消し、事件は未解決のまま時効に。当時、唯一目撃されていたメンバーが、髑髏の指輪をはめた謎の女性「髑髏の女」だったのだ。

まもなく、中山に脅迫メールが届いた。以前のアルバイト先で無理やり参加させられたバイトテロの動画を公開されたくなければ金を出せというのだ。中山は悩んだ末に銀次郎から金を借りて支払うが、さらにエスカレートする脅迫に追い詰められていき…。

同じ頃、バイトテロ騒動のあおりを受けて北川の店が倒産。北川もまた脅迫を受けていたと知った銀次郎は、バイトテロ動画を使ってバイト学生と企業から金をむしり取る組織の存在を突き止める。憤る銀次郎は、その悪質な手口を逆手にとった巧妙なわなを仕掛ける。(ザテレビジョン)