日向坂46の初主演ドラマ「DASADA」(毎週水曜深夜0:59-1:29、日本テレビ)。女子高校生がファッションブランドを立ち上げるこの物語で、渡邉美穂演じるデザイナーの篠原沙織のお母さんを演じるのが神田うの。連続ドラマ出演は実に14年ぶりの彼女に、久々のドラマ出演についてや役について、プライベートのことなど聞いちゃいました!

――久しぶりのドラマ出演ですが感想を教えてください。

えっ!?私でいいの?って思いました。久しぶり過ぎるし、これまでも女優業はそこまでやっていなかったので。私は、渡邉美穂さん演じる篠原沙織のママ役。コントでは小さい子供のママをやったことはありますが、高校生のママは初めてで、二度驚きました。

――役づくりは何かされましたか?

事前に“神田うの”のままでいいと言われたのですが、台本を読んでいるとそうはいかないなって(笑)。家庭環境などを想像しながらイメージはつくりましたね。まぁゆる〜い感じのお母さんって感じで、自分の中にある沙織のママっぽいところを思いっ切り引き出して演じました。基本似ているところは多いんですが、大好きなネットショッピングでエルメスのバーキンを買うシーンがあるんですが、それはしないかな。やっぱり目で見て買いたいなって。でもそれは彼女らしくていいんですよ。一番似ているのは親バカなところ。娘を見て「かわいい〜」って言うのは私の日常です(笑)。

――以前、「ナースのお仕事3」(フジテレビ系)などに出演されていましたが、昔から役にはスッと入る方でした?

スイッチとかは特になく、なんとなく役に入っちゃうタイプです。単純なんで、意外とすぐに役の気持ちになれるんですよ。今回も現場に入ったら沙織はもちろんのこと旦那さんのこともすごく好きになっちゃって、感情移入がすごい(笑)。ちなみに、「ナースのお仕事3」に出ていたときなんて、初めて担当した患者さんが亡くなってしまうシーンでは、本番前からワンワン泣いちゃって。もうメイクとかどうしようって感じで役に入り込んでいました(笑)。。

――役が抜けないなんてことはありますか?

それはないです。家に帰って娘の姿を見たと途端にいつも通りのママに戻りました。ただ、娘も大きくなったら渡邉さんみたいになるのかな?って想像したり。なんとなく未来を見ているような気持ちになりました。

――女優業は楽しかったですか?

すごく楽しかったです! ただ、心残りがあって…。私、昔から仕事はなるべく早く終わらせようと考える人で。そのため自分がNGを出して時間が遅くなるのは絶対に許せなかったんですよ。これまでのお仕事も自らのミスでのNGはほとんどなかったはず。だけど今回はすごく出しちゃって…。申し訳ない気持ちと情けない気持ちで自分にすごく腹が立ちましたね。そして慣れってあると感じました。セリフが頭に入っていても、行動と一緒にするとセリフが出てこなくなったりして…。以前では当たり前にできていたことができず、瞬発力がなくなっている状態。これには驚きました。もし次回があるのなら、ぜひカンを取り戻してから参加したいと思います。

――女子高校生がファッションブランドを立ち上げていくストーリー。デザイナーとしても活躍するうのさんから見てどう感じましたか?

友だちと一緒にブランドを立ち上げるというのはすごくいいですよね。そして高校生がやっていることなので規模は小さいですが、実際のブランドの立ち上げの工程がきちんと描かれていると思いました。台本をいただいて読んでいるうちに、かなり引き込まれちゃいました。私は高校時代からモデルをしていましたが、あの時代、ファッションに対する思いってすごく大きんですよ。女子高校生だったら絶対覗きたい世界で…。そして学校とはまた違った世界を仲間と一緒につくり上げていく、もう青春。大人が見てもワクワクすると思います。

――女子高生カルチャーもきちんと描かれていますね。

リアルなモノがいっぱい折り込まれていて驚きましたし勉強になりました。そりゃタピオカドリンクとか流行しているのは知っていましたが、「タピる」なんて言葉は知らなかったし、女子高生ならではの言葉遣いにも驚き。当時の私だったら率先して使っていたような言葉がいっぱいで。今の時代を感じられるお話だと思います。

――うのさんはどういう経緯でデザイナーの道に足を入れることになったのですか?

元々ストッキングのCMに出ていて、そこですごくセンスがあるように思われてアドバイスをしてほしいと言われたのが始まり。そこから本格的なデザインをお願いされるようになって…。次第にCMがなくなってデザインがメインになっちゃった(笑)。妊娠してモデリングができなくなったのでストッキングはそれで卒業したんですが、今もドレスなども手掛けています。

――勉強とかされていたんですか?

基礎的なことは学んでいないので、ボディに布を貼ってそこからパターンをつくってもらうという形でしたね。基本、自分が欲しいと思ったもの、着たいと思ったもの以外はつくらない。私、妥協するのはすごく嫌なんで。それが世の中とうまくマッチしたんだと思います。あくまでも全て自分で手掛けているんですよ。

――プライベートで最近ハマっていることを教えてください。

私はチョコホリックなんです(チョコレートをすごく好きな人)。クリスマスからバレンタインにかけて世の中にチョコレートが増えていくので、幸せを感じながら食べています。だってこの時期を逃すと店頭から消えてしまうものも多くて…。今は楽しむことを最優先にしています。そしてシーズンが終わったら節制しようかな。体を動かさなきゃと思っていますし。あとは、子どもと一緒に弾くバイオリンですかね。全然本格的ではないんですが、連奏したりして楽しんでいます。なんか子どもがいると、それまで知らなかった世界が広がっていてすごく楽しいです。

――うのさん流の毎日を楽しく過ごすコツなどあれば教えてください。

ストレスを溜めない事。毎日は楽しいこともあれば苦しいこともあると思いますが、苦しいときは基本、美味しいものを食べたり仲良い人と会ったりして忘れるようにしています。ストレスって我慢すると健康を害しちゃこともありますから。ガス抜きは必要。人によっては体を動かすのもいいかもしれないです。自分に合ったストレス解消を見つけて、無理なく生活するといいと思います。みんなほどほどに頑張りましょう!!(ザテレビジョン・取材・文=玉置晴子)