戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の姿を描く。

第76回(12月26日放送)では、関西ジャニーズJr.のグループ、Aぇ! groupに所属する正門良規演じる直子(桜庭ななみ)の恋人・鮫島正幸が登場し、そのルックスや演技が話題となった。

鮫島は、直子が東京で務めていた熨斗谷(のしたに)電機の後輩で、お調子者だが明るくて憎めない青年。第89回、第90回では、直子が鮫島とともに帰郷し妊娠を報告するも、金を無心するための嘘だったことが発覚する。

嘘に気づいたマツ(富田靖子)が怒りに震える一方で、どこか憎めない鮫島の言動に喜美子や百合子(福田麻由子)が笑い出してしまうというシーンが放送された。

そんな鮫島を演じる正門に“朝ドラ”初出演の気持ちや役柄についてなどを聞いた。

――今回「スカーレット」に出演が決まったときの気持ちはいかがでしたか?

「ええ!“朝ドラ”か!どうしよう!」と驚きました。まさか自分が出演するとは思っていませんでした。同じ関西ジャニーズ Jr.の西畑大吾とよく話すのですが、彼から“朝ドラ”で有名な方と共演したことや、出演したあと、いろいろな人に声をかけられるようになったことなどを聞いていたので、なおさら「ちょっと怖い!」「大丈夫かな」という気持ちがありました。

でもお芝居は好きで、これからもずっとやっていきたいと思っていたのでうれしさもあり、もういろいろな感情が入り混じっていましたね。

■ 正門良規「憎めないというか、かわいがられる人であってほしい」

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点はありますか?

鮫島の最初の印象は、陽気で、ぬけていて、愛きょうのある人(笑)。僕はおとなしいほうなので、自分とは真逆の性格の役を演じることに、大丈夫かなと戸惑いました。これまでに経験したことのない役柄ですので、演じるのはすごく難しいです。

台本を読んでいると、せりふの語尾に“ェ”や“ー”が入っていたりして「ほんまアホやな(笑)」と思っていたんですが、実はあいさつをするときに帽子を取ったり、礼儀正しい一面もあるので、そのギャップを感じながら役作りをしています。

憎めないというか、かわいがられる人であってほしいですね。体育会系のメンバーの中で先輩ウケが良さそうな雰囲気になればと(笑)。最初は「こいつ!」と思われるんですが、周囲にだんだん受け入れてもらうのが理想です。

鮫島は空気を読まないタイプですが、僕自身は真逆なので、周りの役者さんのリアクションを見て、それに合わせてしまいそうになり、「負けちゃだめ」「飲まれちゃだめ」「鮫島を前に出して!」と言われて、技量不足をひしひしと感じております。でも吸収することがいっぱいあるので、今本当に勉強になっています。

生まれ育った関西ことばは、もちろん慣れ親しんでいるんですが、撮影でずっと緊張しているので、時々「さっき、ちょっとイントネーションがおかしくなってたよ」と指摘されることがあります。無自覚ですが、緊張し過ぎておかしな話し方をしているようです(笑)。

――収録に参加されてみて、現場の印象はいかがでしょうか?

ヒロインの戸田恵梨香さんが関西出身と聞いたときにはびっくりしました。標準語でいろんな作品でお芝居をされているイメージが多かったので、収録で戸田さんのせりふを聞いて「ほんまにずっと関西ことばでしゃべってはるんや」と思いました。

戸田さんはたくさんアドバイスをくれますし、周りをすごくしっかり見ていらっしゃいます。「鮫島はたぶんこういう人やから、直子も服装とか影響を受けていると思う」など、僕が読みとれてないところまでご指摘してくださって、いろいろ気づかせてもらっています。

■ 正門良規「鮫島を見て楽しんでいただけたら」

――読者の方々へのメッセージをお願いします。

このドラマの世界観、時代、家族の雰囲気を楽しんでほしいです。そして、けんかもするけれど、仲が良くてほのぼのしている川原家に、鮫島という調味料が加わることで、今後のストーリーがどうなるのか。 川原家の家族目線で、鮫島を見て楽しんでいただけたらと思います!

■ 第16週(1月20日[月]〜1月25日[土]放送)のあらすじ

八郎(松下洸平)が個展の下見のために東京に行っている間、作陶に精を出す喜美子。久しぶりに照子(大島優子)と信作(林遣都)がやってきて、三人で語らう。童心に戻ったような時間の中で、喜美子は大阪に行く前に拾った、信楽焼のカケラのことを思い出し、二人に見せる。

百合子は信作への恋心から不安を募らせ、三津(黒島結菜)に相談していた。信作はきちんと結婚を申し込む。東京から戻ってきた八郎は、意外にもジョージ富士川(西川貴教)と一緒だった。

カケラの色合いを出すには、釉薬をかけずに、薪の炎で焼かねばならないと知る喜美子。八郎にいつかやってみたいと語る。そんな折、工房の電気窯が壊れてしまう。

これを機に喜美子の希望をかなえられる、穴窯を設えようという八郎。調べているうちに、喜美子は子どもの頃、陶芸との出会いのきっかけとなった、慶乃川(村上ショージ)の名にたどりつく。

待ち受ける困難を知りつつも、八郎の強い勧めもあって、穴窯作りを決意する喜美子。直子の猛反対の騒動を乗り越え、庭に完成した穴窯に火入れし、ついに作品を焼くところまでこぎつける。一方、八郎と三津の距離は近づいていく。(ザテレビジョン)