スパリゾートハワイアンズ新ホテル計画記者発表会が1月15日に東京都内で行われ、ゲストとして南海キャンディーズ・山崎静代(しずちゃん)が登場。

発表会では、常盤興産株式会社が2022年7月(予定)に福島・スパリゾートハワイアンズ敷地内に新ホテル「カピリナタワー」を開業することが発表された。

同ホテルは「ハワイアンズ・コンフォート」をキーコンセプトに、ゆったりとした時間の中で新しい「快適さ」「心地良さ」を追求した癒やしと安らぎの空間を提供。客室は全室ツインルームとなっており、11階建て264室のうち24室が「クラブルーム」(約55㎡)、240室が「スーペリアルーム」(約27㎡)となる。

イベントでは、しずちゃんが同社の井上直美社長に、55周年と新ホテル計画発表のお祝いとして花束を贈呈。

しずちゃんは「55周年ということで、55本の花の花束を持って来たったで」と“しずちゃん節”で祝辞を述べ、「映画『フラガール』(2006年)を通して、『常磐ハワイアンセンター』の頃から町おこしですごく大変だったというのを知っていたので、苦労を経ての55周年というのは本当にうれしいです」と語った。

また、トークセッションでは、しずちゃんが映画「フラガール」について「『青春やったな』って感じですね。あんなに大きい映画に携わらせていただいたのは初めてでしたし、南海キャンディーズとして1番仕事が増えた時やったんでアップアップしてたんですけど、本当に周りの人に助けられて『すごくいい映画に出させてもらったな』とあらためて思いますね」と思いを明かす場面も。

そんな中、司会者から「このホテルをどんな方と過ごしたいですか?」と聞かれると、しずちゃんは「できれば菅田将暉くんですね。願望は自由ですもんね」と明かし、バーカウンターが設置されていることに触れ「酔わせて力づくですよね!」とコメントして会場を沸かせた。(ザテレビジョン)