1月17日放送の「ぴったんこカン・カンSP」(TBS系)に、高橋一生と蒼井優がゲスト出演。蒼井が新婚生活について語る一幕があった。

ホームパーティーをするため、TBS安住紳一郎アナと共に、品川区の商店街に買い出しにやって来た3人。高橋は友人に教わったというモンゴルのピエンロー鍋を、蒼井はたこ焼きを作りに挑戦することになり、二人は食材を調達した。

道中、安住アナから「昨年の6月、ご結婚されましたので、何かプレゼントできるものがありましたら」と言われた蒼井は、「これいいなって思って見てました」と、おわんと雪平鍋を指した。

すると高橋が「僕、結婚祝いを優ちゃんにしてないので」とペアのおわんをプレゼントした。

その後、キッチンルームへ移動した3人。黙々と作業するゲスト2人に安住アナが「会話のない夫婦みたい」とツッコミ。

続いて「ご家庭で当然料理も二人分?」と安住アナが聞くと、「一人分も二人分も変わらないですね。昔はワンプレートが多かったのが、品数を作るようになったりとかは変わったかなとか思います」と蒼井は回答した。

「家族が一人増えたので、はっきり聞きますけど、山里(亮太)さんの食の好みも影響されてきますよね?」と安住アナが掘り下げると、蒼井は「食べられない野菜とかがあるので…」と告白。

高橋から「山里さん何食べられないんですか?」と聞かれた蒼井は、「トマトとキュウリ。夏とかサラダが困りましたね。だいたいトマト入れておけば彩りがなんとかなるじゃないですか。

それが効かないから、それは研究というか、考えて。ニンジンとかパプリカとかで色味をどうにか」と日常の様子を明かしていた。

SNS上では「慣れた手つきの優ちゃん普段から料理してるんだろうな」「山ちゃんと結婚して幸せそう」などの反響が寄せられた。次回の「ぴったんこカン・カン」は、2月7日(金)夜8時より放送予定。(ザテレビジョン)