渡辺えりとキムラ緑子による、“有頂天”シリーズ第4弾「《喜劇名作劇場》恋ぶみ屋一葉2020『有頂天作家』」が、東京・新橋演舞場(3月13日[金])〜28日[土])、大阪松竹座(4月2日[木])〜13日[月])にて上演されることが発表された。

「有頂天旅館」「有頂天一座」「有頂天団地」に続く本作は、名優・杉村春子に書き下ろされ、1992年に新橋演舞場で初演、1994年に再演され、読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞した名作「恋ぶみ屋一葉」を、「有頂天作家」と改め、二人ならではのかけ合いの面白さと相性の良さが繰り広げられる作品だ。

出演は、渡辺、キムラをはじめ、渡辺徹、大和田美帆、影山拓也(ジャニーズJr.)、春本由香、瀬戸摩純、長谷川純、宇梶剛士と個性豊かな俳優の参加が決定。明治43年の東京を舞台に、笑って泣ける名作喜劇となっている。

出演する渡辺とキムラから、オフィシャルコメントが届いた。

■ 渡辺えりコメント

初演をちょうど見させていただいて号泣した作品です。20代の頃だったかと思いますが、いつか出演したいと思っており、自分から「この戯曲は本当に面白くて、やりたい!」と思ったのは初めてでした。

今、現時点で生きている作家の戯曲を再演できるという面白さもあります。ただ、せっかく歌うのにロマンチックなセリフが全然増えないのが不満だなぁ(笑)。

最後のシーンは(台本を)読んでても泣けてしまう。自分が演じる役がこんなにも気の毒な役柄は初めてです。ミュージカルのような歌もありますので、二重三重に面白くなると思います。楽しみにしていてください。

(共演する渡辺徹とは)私はまったくからみのシーンがないんですよ。稽古場でからまないので「本当に好きだった」というのを想念でやらなくてはならなく、「今は太ってしまった」という新しい台詞があるので、ジュリーをイメージして演じようと思っています(笑)。

■ キムラ緑子コメント

今まで(有頂天シリーズ第1弾〜第3弾まで)えりさんとは敵対する役だったのですが、今回は女同士の友情を描いた作品です。本読みの段階でえりさんの演技にビックリしてしまい、もらい泣きして大変なことになってしまいました。

齋藤さんが作られた作品を齋藤さん自身がどのように演出されるのか、とても楽しみです。みなさんと一丸となってこの世界を皆さんにお伝えできればと思っています。

(共演する渡辺徹とは)20年前にテレビドラマで夫婦役を演じていたので、緊張せずに気楽に楽しく話をさせていただいております。

■ 齋藤雅文(作・演出)コメント

演出感や芝居の作り方も変わってきている今、僕がこれをやったらどうなるのだろう、もう一度やってみたいと深く思うようになりました。私の知るキャスティングでは、渡辺えりさん、キムラ緑子さん、渡辺徹さんというお三方は、ほぼ理想の配役です。今やらなければ、きっともうやることはないだろうと腹をくくりました。

えりさんと緑子さんは真逆で芸質も違うので、幅広く物語が作れるのでとても楽しく思っています。ややこしいのは一緒ですけどね(笑)。

おふたりの役柄を逆で想定している方がけっこういましたが、僕は最初からインスピレーションでえりさんが「きく」、緑子さんは「奈津」と決めてました。(ザテレビジョン)