全世界累計観客動員数 8100 万人、日本公演通算 1 万回を記録するなど、1981 年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」の実写映画が1月24 日(金)より日本公開となるが、主人公・ヴィクトリアを演じる葵わかなが歌う新曲「ビューティフル・ゴースト」日本語吹替え版本編映像が到着した。

この映画「キャッツ」は、「レ・ミゼラブル」のトム・フーパー監督、ミュージカル界の巨匠アンドリュー・ロイド=ウェバーらが制作陣に名を連ね、映画、音楽、ダンスなど、多彩なジャンルから選び抜かれたキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる。

日本含め世界で二カ国のみが許可された日本語吹替え版には、主人公・ヴィクトリアに女優の葵わかな、マンカストラップ役に俳優の山崎育三郎。グリザベラ役に歌手の高橋あず美、バストファージョーンズ役にお笑い芸人のロバート・秋山竜次、ミストフェリーズ役に俳優・歌手の森崎ウィン、スキンブルシャンクス役に俳優・ダンサーの大貫勇輔、ラム・タム・タガー役にOfficial髭男dism・藤原聡、オールドデュトロノミー役に女優の大竹しのぶ…と、多彩なキャスト陣が参加。

また、蔦谷好位置が日本語吹替え版音楽プロデューサーを担当している。

ヴィクトリアが劇中で歌うのはアンドリュー・ロイド=ウェバーとテイラー・スウィフトが本作のために書き下ろした新曲「ビューティフル・ゴースト」。ヴィクトリアの視点を通して描かれる本作にとって“物語の軸になる重要なパート”であり、彼女の優しい心と内面の強さを表している楽曲だ。

本楽曲は周りから除け者にされているグリザベラ(ジェニファー・ハドソン)に、ヴィクトリアが手を差し伸べる場面で歌われており、孤独なグリザベラにヴィクトリアが自身の想いを伝えようとする姿が印象的な美しいシーンとなっている。

吹替えを担当した葵わかなは「“ビューティフル・ゴースト”は、ヴィクトリアがどんな猫でどう成長したいのか、彼女の想いが表れているんです」と話している。(ザテレビジョン)