1月23日(木)放送の「プレバト!!」(毎週木曜夜7:00-8:00、TBS系)では、「俳句」と「いけばな」の才能査定ランキングを実施する。

「俳句の才能査定ランキング」には、埼玉出身・的場浩司、東京出身・平井理央、東京出身・早見あかり、千葉出身・小倉優子、東京出身・村田琳という、関東出身の芸能人が集結。

夏井いつき先生から出された「冬の新宿駅」をお題に、東京・新宿駅での実体験の思い出や、想像を膨らませて詠んだ俳句でその才能を競い合う。

的場は、映画「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇」(1988年)撮影時、その風貌から新宿駅付近で警察官によく職務質問されたという。

また、「プレバト!!」の大ファンである母から「“才能アリ”以外は許さない」と言われた平井は、母に誓って「死ぬ気でやります」と熱い決意で挑む。

夏井先生は、挑戦者たちの俳句を「レベルが高い! こういう回はうれしい」と評価。一方で、「内容がスカスカ!」と酷評する場面も。

名人・特待生だけの昇格試験には、名人10段・村上健志(フルーツポンチ)、名人3段・中田喜子が登場。新宿で7年間アルバイトをしていたという村上は、なじみのお題に自信を見せるも「昇格というより、見てくれる人のハートにタッチしたい」と飄々とした態度を見せる。

「いけばなの才能査定ランキング」には、美に並々ならぬこだわりを持つ女性芸能人が参戦。

過去に美容に関する本を2冊出版している番組初登場の釈由美子、史上初めて「好きなお天気キャスターランキング」「好きな女子アナランキング」の両方にランクインした皆藤愛子、そして足立梨花、岩永徹也が冬にぴったりな「水仙」を使った作品に挑戦。

それぞれ自信を見せるものの、假屋崎省吾先生が「繊細さのかけらもない」「許せない!!」と激怒する場面も。

名人・特待生だけの昇格試験に挑むのは、名人2段・三上真史が登場。三上は、自身の先を行く名人4段の紫吹淳に「絶対近づきたい!!」と熱意を燃やす。(ザテレビジョン)