2月14日(金)放送の「A-Studio」(毎週金曜夜11:00-11:30、TBS系)に、千葉雄大が登場。

千葉は、2月21日(金)に公開となる映画「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」で前作に引き続き、連続殺人事件を追う刑事・加賀谷を演じる。

スタジオでは同映画の裏話や映画出演によって変わったというスマートフォンにまつわる千葉のプライベート話を披露。

また、番組の放送日当日が千葉のデビュー作品「天装戦隊ゴセイジャー」(2010-2011年、テレビ朝日系)の放送が始まった日だったという千葉からは、デビュー前の知られざるエピソードや初めて受けたオーディションの話、デビューのきっかけなどが明かされる。

MC・笑福亭鶴瓶は千葉の両親や高校時代の友達に極秘取材を行う。さまざまな人達から明かされる千葉の隠された私生活の話に驚く千葉や怒る千葉、笑顔の千葉などコロコロと表情の変わる千葉は必見だ。

さらに、「男で誰とキスするって聞かれたら、お前とするわ!」という鶴瓶からの爆弾発言も飛び出す。

■ 弟からの初めての手紙

鶴瓶が行った両親への取材では、中学時代千葉が成績優秀だった優等生の頃の話から、優等生が一転した高校時代の話や両親が涙したという兄弟の絆を感じるエピソードが明かされる。

その話を受け、高校時代は将来を模索していたという千葉だが、両親の気持ちに寄り添った鶴瓶がスタジオで千葉に説教する場面も。

また、そんな高校時代の千葉の友達が登場すると、「高校を途中で辞めなかったのは彼のおかげ」と千葉が学生時代の思い出話を披露する。さらに、スタジオには千葉が高校時代憧れていたというバンドの元メンバーがサプライズ登場。

最後には、弟から千葉へ宛てた初めての手紙をサブMC・上白石萌歌が代読する。幼い頃の思い出や兄としての千葉のふるまい、弟にとっての兄の存在が明かされる。(ザテレビジョン)